オンライン映画祭「We Are One」プログラム発表!東京国際映画祭は湯浅政明、深田晃司らの作品を披露(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

[映画.com ニュース]世界各国の映画祭とYouTubeが実施するオンライン映画祭「We Are One:A Global Film Festival」のプログラムが、このほど発表された。

 「We Are One:A Global Film Festival」は、映画製作会社「トライベッカ・エンタープライズ」とYouTubeが、4月27日(米・ニューヨーク時間)に共同で開催を発表したデジタル映画祭。5月29日から6月7日に「YouTube.com」「We Are One」のプラットフォーム(https://www.youtube.com/WeAreOne)で、世界各国21の映画祭のプログラムを無料で公開する。

 100を超える作品が披露される予定で、そのうちワールドプレミアは13本、オンラインプレミアは31本、国際的なオンラインプレミアが5本。35カ国以上からさまざまな作品が選定され、長編はフィクションが23作品、ドキュメンタリーが8作品、短編はフィクションが57作品、ドキュメンタリーが15作品となる。また、トーク映像は、アーカイブ15本に加え、4本が映画祭限定で公開。さらに、5つのVRプログラミング作品も披露される。

 注目作品は、ナターシャ・リオン、LL・クール・Jのインタビューを交えながら、伝説的写真家リッキー・パウエルについて考察するドキュメンタリー「Ricky Powell:The Individualist」、ムンバイ映画祭のGolden Gate Awardを受賞した「Eeb Allay Ooo!」、中国の伝説的なバレーボール選手ジェニー・ラン・ピンのドキュメンタリー「Iron Hammer」。そのほか、バンド「サード・アイ・ブラインド」に迫る短編ドキュメンタリー「Motorcycle Drive By」、ドリームワークス・アニメーションの初短編作品「Bilby,Marooned」「Bird Karma」などが披露される。

 トークでは、フランシス・フォード・コッポラ、スティーブン・ソダーバーグ、ソン・ガンホとポン・ジュノ、ギレルモ・デル・トロ、ジェーン・カンピオン、クレール・ドニが登場。VR作品には、エミー賞にノミネートされたドキュメンタリー「Traveling While Black」、ビル・スカルスガルド主演のSF「Atlas V」に加え、ジョン・レジェンド、オプラ・ウィンフリー、ルピタ・ニョンゴが参加した作品を上映予定。また、クエストラブのDJセットなど、特別な音楽パフォーマンスも楽しめる。

 東京国際映画祭のプログラムは、湯浅政明監督の短編アニメーション「夢見るキカイ」、深田晃司監督の特集、「勝手にふるえてろ」「アイスと雨音」で構成。シニア・プログラマーの矢田部吉彦氏は「不自由を強いられている世界の人々に、映画を見る喜びを通じて少しでも開放感を味わってもらえる作品を選ぼうと試みました。ユニークなアニメーションや、勢いに乗る気鋭の映画監督たちによる刺激的な作品を、世界の映画ファンに楽しんでもらうことを意図しています」と説明している。

 東京国際映画祭プログラムの詳細は、以下の通り。

▽湯浅政明監督短編アニメーション
「夢見るキカイ」

「STUDIO4℃」が7人の映像作家を集め制作したオムニバス「Genius Party」の中の1篇。無垢な赤ん坊が入り込んだシュールな世界を描くファンタジー。

▽深田晃司監督特集

「いなべ」

17年ぶりに突然赤ちゃんを連れて帰ってきた姉に誘われ、子供のころに埋めた“何か”を探しに行くことになった弟。次第に幼い頃の姉弟の思い出がよみがえってくる、ほろ苦くもちょっと不思議な物語。

「ジェファーソンの東」

ラブホテルの一室。相席カフェで出会った男女が事に及ぼうとしている。身体を重ねようとしたその時、2人の間に思わぬ過去のつながりがあることが発覚する。都会の片隅、ぐるぐる回るベッドの上で記憶が邂逅する奇妙な短編。

「ヤルタ会談オンライン」

第2次世界大戦の終戦間際、戦後世界の支配をめぐって米・英・ソ首脳によって行われた「ヤルタ会談」を痛快にパロディ化。劇団「青年団」の人気レパートリーの30分の演劇を、コロナ禍のさなかに置き換え、そのままオンライン化。

▽長編作品

「勝手にふるえてろ」

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化。恋愛経験のない主人公のOLが、2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描いた。第30回東京国際映画祭コンペティション部門で上映され、観客賞を受賞。

「アイスと雨音」

ある小さな村での初舞台に向けて稽古に励んでいたが、突如舞台の中止を告げられてしまう6人の少年少女たち。現実と虚構、映画と演劇の狭間でもがきながら生きる若者たちの姿を、74分ワンカットで描いた意欲作。第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で上映。

コメントは受け付けていません。