クイズ番組から出版物まで 現代日本に「東大コンテンツ」があふれかえっている理由(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

このところテレビではクイズ番組「東大王」(TBS系)を始めとして、東京大学(文京区本郷)を意味する「東大」や「東大生」をタイトルにした番組をよく見かけます。発端は、2016年の「日曜ファミリア・さんまの東大方程式」(フジテレビ系)でした。

【画像】2020年に発売された「東大 関連本」を見る(10枚)

 テレビ番組だけではありません。出版業界でも、『東大生が書いた世界一やさしい株の教科書』(PHP研究所)といった東大・東大生をアピールする出版物が目立ちます。

 ネット記事でも、タイトルに「東大」と入れると閲覧数が増えるそうです。メディアの世界は、“東大ブーム”というべき状況になっています。

 今回は、なぜ東大ブームが起きたのか考えてみましょう。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。