ケータイがない時代の「待ち合わせ」 東京人は指定場所でいちいちセンスを競っていた(アーバン ライフ メトロ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:アーバン ライフ メトロ

携帯電話が普及して、もっとも変わったのは待ち合わせ方法かもしれません。最近の待ち合わせは「〇〇時に、どこそこのあたりにいてよ」と、正確な待ち合わせ場所を決めない印象があります。

【航空写真】待ち合わせの定番「新宿アルタ」、50年前の風景とは?

 東京の場合、駅の改札を出た頃にコミュニケーションアプリで「着いたよ」と送り、相手の返信を待つのが当たり前になりつつあります。

 しかし、携帯電話がまだ普及していない時代の待ち合わせは結構ドキドキするものでした。

 なにしろ、いったん外出すると連絡を取り合う方法がないため、どんなに親しい人と待ち合わせるときでも「本当に会えるだろうか」と一抹の不安があったからです。

 そんなこともあってか、東京人は特に待ち合わせ場所を決める段階で、「この人は東京に慣れていない」や「さすがは都会人」などと思われたものです。

 まず予定を決めるとき、手帳を取り出して「どこで待ち合わせようか」と言ったとしましょう。こういうときに決して口にしてはならない三大スポットが、

1.新宿アルタ前
2.渋谷ハチ公前
3.上野パンダ前

でした。

 なぜなら、この三大スポットには待ち合わせをする人で常にあふれていたからです。そのため、例え同じ場所に来ていたとしても、無事に会うまではとても時間がかかってしまいます。そうした体験を経て、特に上京したばかりの人たちは「恥ずかしい待ち合わせ場所」があると学んだのです。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。