ゴダール×ストーンズ 音楽ドキュメンタリー「ワン・プラス・ワン」予告&新ビジュアル3種公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

12月3日からのリバイバル上映が決定した、ジャン=リュック・ゴダール監督作、ザ・ローリング・ストーンズのレコーディング風景を撮影した音楽ドキュメンタリー「ワン・プラス・ワン」の予告編と新ビジュアル3種が公開された。

【動画】「ワン・プラス・ワン」予告編

 1968年のロンドン、バンド黄金期を迎える若き日のストーンズのレコーディング風景と、ロック史に残る名曲「悪魔を憐れむ歌」が完成するまでを記録した映像、社会運動にかかわるドキュメンタリー調のフィクション映像が交差し、ゴダールとストーンズによる化学反応がスクリーンに繰り広げられる。

 予告編は、チャーリーがリズムを刻むドラムから始まる。1968年、ロンドン。5月革命のパリを離れ、ロンドンにやってきたヌーヴェルヴァーグを代表するジャン=リュック・ゴダールと、世界最強のロックンロール・バンド、ザ・ローリング・ストーンズ。ストーンズのメンバーが試行錯誤しながら音を重ねていくレコーディング風景と、ブラックパンサーやゴダールのヒロイン、アンヌ・ヴィアゼムスキーのドキュメンタリーめいたフィクション映像とが交差しながら、ロックンロール史上に輝く名曲「悪魔を憐れむ歌」誕生の過程が確認できる。

 新ビジュアルは、デザイナー大島依提亜氏が、ストーンズのレコーディング風景とブラックパンサーのカットをあわせたデザインや、当時のゴダールのミューズ、アンヌ・ビアゼムスキーにフィーチャーしたバージョンなど印象的なシーンが切り取られている。

 12月3日から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて、全国順次上映。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。