シソンヌ参加の朗読劇、9月に上演決定「間違えてエロ本を読み始める可能性ある」(お笑いナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:お笑いナタリー

シソンヌが出演する朗読劇「TAMERS(テイマーズ)」の開催が決定した。9月4日(土)、5日(日)の2日間、東京・よみうりホールで上演される。

【画像】上村祐翔(他5件)

昨年3月に東京で、5月に北海道で予定されていたこの公演は、声優、女優、芸人による“異種格闘技型朗読劇シリーズ”の新作。1年越しの上演が叶う今回、シソンヌに加えて声優の上村祐翔、女優の美山加恋と太田夢莉がキャストに名を連ねた。

物語の舞台は2040年。国際紛争、気候変動で荒れる世界で、何者かの手によって原子力発電施設が大事故を起こしかける。さらなる犯行も予告される一方、1人の女性がとある青年の住む古びた家を訪問。青年は笑顔で彼女を迎え入れるのだが……。脚本、演出を担当するのは伊藤靖朗。土屋雄作が音楽監督を務める。

シソンヌじろうは「朗読劇は初めてです。音読劇と黙読劇の経験しかありません。よろしくお願いします」、長谷川は「朗読劇は初めてです、間違えてエロ本を読み始める可能性があるということだけ伝えておきます。劇場でお待ちしております」とコメント。また美山は「当初は私にとって初めての朗読劇がこの作品になる予定でしたが、なんやかんやで今年に入ってから朗読劇2作品出演させていただき、すっかり経験者となってしまいました!(笑) そんな今の私にできることをしっかりやっていきたいと思います!」とこの1年での変化を糧に意気込みを語っている。チケットは8月7日(土)10時にFANYチケット チケットぴあ、ローソンチケットで発売。

■ 朗読劇「TAMERS」
日時:
2021年9月4日(土)16:00開場 17:00開演
2021年9月5日(日)11:30開場 12:30開演 / 15:30開場 16:30開演
会場:東京・よみうりホール
料金:前売・当日共に7000円
<出演者>
上村祐翔 / 美山加恋 / シソンヌ / 太田夢莉 ほか

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。