シャーリーズ・セロン、母が父を殺した夜を改めて語る(ELLE ONLINE)

出典元:シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)GETTY IMAGES

事件が起きたのはシャーリーズ・セロンが15歳のとき。彼女はこれまでもこの経験について隠さずに話してきたけれど改めて今週、ラジオ番組のインタビューで語った。「父は激しく酔っ払って、家に銃を持って入ってきたときにはちゃんと歩くこともできない状態だった」とシャーリーズ。「母と私は私の寝室に入り、ドアを体で押し留め父が入ってこれないようにしていた」。

ドアを無理やり開けようとしていた父は、シャーリーズと母がドアに寄り掛かっていることがわかると「ドアに向かって3発、銃を撃った」「私たちに銃弾は当たらなかった。奇跡よね」。父が自分たちを殺そうとしていると察知した母は、自分とシャーリーズの身を守るため父を射殺した。正当防衛が認められ、母は罪に問われなかった。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。