シャーリーズ・セロン&アルフォンソ・キュアロンが製作 フィリップ・K・ディックの家族描く「Jane」(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

「ブレードランナー」「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」など数々のヒット映画の原作で知られるSF作家フィリップ・K・ディック(1928~1982)と、ディックの双子の妹で生後6週間で亡くなったジェーンを描く新作映画「Jane(原題)」が、米アマゾン・スタジオで製作されることがわかった。

【雨の渋谷に…】15人のシャーリーズ・セロンが出現!?

 米ハリウッド・レポーターによれば、本作はディックの娘でプロデューサーのアイサ・ディック・ハケット(ドラマ「高い城の男」)による企画で、アルフォンソ・キュアロン(「ゼロ・グラビティ」「ROMA ローマ」)、シャーリーズ・セロン(「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「スキャンダル」)がハケットと共同プロデュースする。キュアロンは監督、セロンは主演も検討しているという。

 「Jane(原題)」は、ジェーンが心の闇に苦しむ兄を救おうとしながら、彼の作り出す魅惑的な異世界に深く入り込んでいく、感動とスリルとダークなユーモアがあふれるストーリーになるようだ。ジェーンの死はディックの人生観と創作に強く影響したと言われており、本作はディックが夢見ていたジェーンが生き延びている代替現実を舞台に、ジェーンの物語と彼女の視点から見たディックを描く。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。