シュタゲの正統続編『STEINS;GATE 0』がSteamで5月9日に配信!現在、アニメが放送中(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

スパイク・チュンソフトは、MAGES.が開発する『STEINS;GATE 0』をSteamで2018年5月9日に配信開始する。価格は3480 円(税込)。
また、前作『STEINS;GATE』とのセットとなる、お得なバンドル版の発売も決定した。『STEINS;GATE + STEINS;GATE 0』(バンドル)の価格は5814 円(税込)。なお、すでに前作をSteamで持っている人は、こちらのバンドル版を購入することで『STEINS;GATE 0』を定価の10%オフとなる3132円(税込)で入手できる。

『STEINS;GATE 0』は2009年に最初にリリースされた『STEINS;GATE』の正統続編とされる、ビジュアルノベルと呼ばれるようなアドベンチャーゲーム。現在、本作のアニメが放送中で、昨日4月25日の深夜にTOKYO MXなどで第3話が放送されたばかりだ。ゲームの詳しい紹介とアニメの見どころはアニメが放送される直前に筆者が書いた記事を参照してほしい。また、合わせて前作『STEINS;GATE』のストーリーについて復習する記事も書いているので、興味のある人はそちらもチェックしてほしい。
まだ見てない人もいると思うので詳しくは言わないが、昨夜に放送された第3話ではかなりシリアスな場面が描かれ、ゲームをプレイしていた筆者でも先が気になると思わせるものだった。このタイミングでのSteam版の発売はグッドタイミングだと言えるだろう(個人的には前作のアニメ放送中にリリースされたPSP版を思い出させる)。

そのほか、前作『STEINS;GATE』のSteam版の販売が2018年5月1日をもってMAGES.からスパイク・チュンソフトに移管されることも発表された。『STEINS;GATE』シリーズは海外でも人気のある作品であり、2017年12月に北米支社を設立したスパイク・チュンソフトが日本/北米の両面からSteamにおいて販売支援していくことになったそうだ。
Steamにて販売される『STEINS;GATE』シリーズの販売ラインアップは以下の通り。

『STEINS;GATE』
2980円(税込)※5月1日より、従来の3480 円(税込)から価格改定
『STEINS;GATE 0』(5月9日配信予定)
3480円(税込)
『STEINS;GATE + STEINS;GATE 0』(5月9日配信予定のバンドル版)
5814円(税込)※2タイトルを別々に購入する価格より10%オフ
※すでに『STEINS;GATE』を購入している人は『STEINS;GATE 0』を3132 円(税込)で購入できる(10%オフ)
『STEINS;GATE ELITE』(2018年配信予定)
価格:未定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。