ジョージ・クルーニー「キャッチ=22」は監督・制作に専念 主演はカイル・チャンドラーに(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

[映画.com ニュース] 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」「アルゴ」のカイル・チャンドラーが、Huluのミニシリーズ「キャッチ=22(原題)」に主演することがわかった。主演予定だったジョージ・クルーニーの代役で、クルーニーは監督・制作総指揮に注力するため、脇役にまわる。

 米作家ジョセフ・ヘラーの同名原作は、第2次世界大戦中のイタリアを舞台に、狂気に陥ったアメリカ兵たちを描いたブラックコメディ。1971年にマイク・ニコルズ監督によって映画化され、主人公ヨッサリアン大尉役をアラン・アーキンが、ヨッサリアン大尉の上官カスパート大佐役をマーティン・バルサムが演じた。

 米Deadlineによれば、今回のドラマではヨッサリアン大尉役をクリストファー・アボット(「GIRLS ガールズ」「イット・カムズ・アット・ナイト(原題)」)が、カスパート大佐役をチャンドラーが演じる。また、クルーニーは、カリフォルニアにある軍訓練校の指導官を演じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。