ジョー・ライト監督、A・J・フィンの心理スリラー小説を映画化(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

[映画.com ニュース] アカデミー賞2冠に輝いた「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のジョー・ライト監督が、作家A・J・フィンの新刊小説「The Woman in the Window(原題)」を映画化する新作で、メガホンをとることがわかった。

 原作はニューヨーク・マンハッタンを舞台に、誰とも交流せず、隣人たちの生活をのぞき見しながらひっそりと暮らす若い女性アナ・フォックスが、ある夜、犯罪現場を目撃してしまったことから、これまでの生活が一転するという心理スリラー小説。米ハリウッド・レポーターによれば、映画はFox 2000が製作。劇作家・脚本家・俳優のトレイシー・レッツ(「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」「レディ・バード」)が脚色を手がけ、スコット・ルーディンがプロデュースする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。