スイーツ界のカリスマ・マダム信子の半生描く「やまない雨はない」ポスター完成(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

[映画.com ニュース]大阪発の人気バウムクーヘン「マダムブリュレ」の開発者として知られるスイーツ界のカリスマ、マダム信子の半生を描く映画「やまない雨はない」が12月2日から大阪で先行公開されることが決まった。合わせて、主要キャストの川上麻衣子と永井大の姿をとらえたポスタービジュアルもお披露目された。

 マダム信子の代名詞となった「マダムブリュレ」は、さまざまなメディアのスイーツ特集で首位を獲得している人気バウムクーヘンで、大阪を代表する菓子として全国で愛されている。「トラ・コネ Triangle Connection」の北崎一教が監督・脚本を務めた本作は、マダム信子の波乱万丈な半生をたどりながら、“メガヒット・スイーツ”の誕生秘話に迫る。

 18歳で水商売の道に入った川村信子(後のマダム信子)は、38歳で銀座にクラブシンコをオープン。その後、拠点を大阪に移し焼肉店をはじめるが、店に放火されるという悲劇に見舞われる。夫・幸治の励ましによって立ち直った信子は、スイーツ店「マダムシンコ」をスタートし、再び困難に立ち向かっていく。

 ベテラン女優・川上がマダム信子役、永井がそのパートナー幸治役を担当し、マダム信子本人も老舗クラブのママ役で銀幕デビューを果たしている。ポスタービジュアルは、川上扮するマダム信子が天を仰ぐ姿とともに、「逃げなかった、捨てなかった、諦めなかった、だからこそ今日がある。」という言葉が配され、スイーツ界のカリスマが歩んだ激動の人生を表現している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。