スカーレット・ヨハンソンが、『ブラック・ウィドウ』における契約違反を理由にディズニーを提訴 Disney+との同時公開が影響か(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

『ブラック・ウィドウ』が劇場とDisney+で同日にリリースされたのち、スカーレット・ヨハンソンが契約違反を理由にディズニーを訴えたことが明らかとなった。ヨハンソンの契約では、映画が劇場で独占公開されることを保証していたからだと報じられている。
The Wall Street Journalによると、ヨハンソンの出演料の大部分は劇場での興行成績に基づいているのだという。訴訟に詳しい情報筋の話では、同作がDisney+でリリースされて配信サービスへ移行したことにより、ヨハンソンは5000万ドル(約55億円)以上もの被害を受けたとのこと。

「ブラック・ウィドウ」画像・動画ギャラリー

New York Timesで記者を務めるブルックス・バーンズが、ヨハンソンの訴訟に応えてディズニーが出した声明の一部をTwitterでシェアした。バーンズによると、ディズニーは「訴訟に何のメリットもない」とし、「新型コロナウイルスのパンデミックによる、恐ろしく長期にわたる世界的な影響を無慈悲に無視することは悲しく苦痛だ」と述べていたと明かしている。
また、バーンズはディズニーが、「我が社はヨハンソン氏の契約を完全に遵守しました。Disney+のプレミア アクセスで『ブラック・ウィドウ』をリリースすることで、これまでに受け取った2000万ドルに加え、追加報酬を獲得する能力が大幅に向上しました」とも主張していたと報告している。

一方でヨハンソンの訴状には、「ディズニーは、ヨハンソン氏がマーベルとの交渉における完全な利益の実現を防ぐために、正当化することなくマーベルの契約違反を意図的に引き起こした」と記されている。
ヨハンソンの訴えによると、映画が劇場公開される同日にDisney+のプレミア アクセスでリリースされると知ったのち、彼女の代理人が『ブラック・ウィドウ』の契約を再交渉しようとしたという。The Wall Street Journalは、訴状では「ディズニーとマーベルが再交渉の議論に対して反応しなかった」と主張していると報じている。
パンデミックが始まる前でさえ、すでにヨハンソンは映画がプレミア アクセスの作品としてリリースされるのではないかと懸念し、通常通りに映画が劇場公開される保証を求めていたそうだ。

訴訟に関するEメールによると、マーベルの首席顧問であるデイヴ・ガルッツィがヨハンソンの代理人に、ヨハンソンの出演契約は一連の(莫大な)興行収益に基づいているため、計画が変更された場合は議論が必要になるだろうと伝えたとのこと。
映画制作における他の例では、まさにワーナーメディアが同じ理由で俳優との契約の多くを再交渉している。 ワーナー・ブラザースは、もともと興行成績に基づいて契約を結んでいたが、同日に配信サービスでもリリースされることになった映画に出演している俳優に、2億ドル以上を支払ったと報じられていた。
『ブラック・ウィドウ』は、米国内で8000万ドルの興行収益を叩き出してパンデミックの記録を打ち立て、さらにDisney+で6000万ドルの収益を獲得。しかし、すぐに同作の映画館での興行収益が落ち込み、全国の劇場所有者を怒らせた。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。