ソニーのマーベル映画『モービウス』の米公開日が1週間延期へ(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

新型コロナウイルス感染拡大により、映画スタジオが公開スケジュールを再調整したが、まだ予定が落ち着かない作品もあるようだ。ソニー・ピクチャーズが、『モービウス』の公開日を2022年1月21日から1週間後の1月28日に延期したことがわかった。
ソニーはここ1年で、ジャレッド・レトが主演する本作の公開日を何度か変更してきた。当初の予定では、2020年7月31日に公開されるはずだった。パンデミックが続くなかで、公開は2021年3月、2021年10月と延び、現在は2022年1月へ変更されている。

「モービウス」画像・動画ギャラリー

本作の予告編第1弾は2020年1月に公開され、マイケル・キートンが『スパイダーマン:ホームカミング』に登場したヴァルチャーことエイドリアン・トゥームスを再び演じることが判明した。キートンが登場することにより、『モービウス』がトム・ホランドの「スパイダーマン」シリーズやMCU全体と明確に繋がることになる。
「スパイダーマン」のスピンオフで、2018年にトム・ハーディが主演した『ヴェノム』の続編となる『Venom: Let There Be Carnage(原題)』も、何度か公開日が延期されている。当初は2020年10月2日、『モービウス』のあとに公開が予定されていた。しかしこちらも1週間の後ろ倒しが3月に発表され、2021年9月17日から9月24日に変更となり、『モービウス』より先に公開されることになっている。

『モービウス』では、珍しい血液疾患の治療法を探す実験によって吸血鬼のような怪物になってしまう生化学者、マイケル・モービウス博士をジャレッド・レトが演じる。モービウスは、マーベル・コミックでスパイダーマンの敵としてよく登場するキャラクターだ。本作の監督は『ライフ』のダニエル・エスピノーサが務める

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。