タイカ・ワイティティ、新「スター・ウォーズ」監督に決定(映画.com)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:タイカ・ワイティティ監督

[映画.com ニュース] 第92回アカデミー賞で脚色賞(「ジョジョ・ラビット」)に輝いたタイカ・ワイティティが、新たな「スター・ウォーズ」の長編映画を監督することがわかった。「1917 命をかけた伝令」のクリスティ・ウィルソン=ケアンズと共同で脚本も担当する。ルーカスフィルムが、“スター・ウォーズの日”である5月4日(現地時間)に発表した。

 ワイティティは、「スター・ウォーズ」シリーズ初の実写ドラマ「マンダロリアン」で賞金稼ぎのドロイドIG-11役を演じただけでなく、シーズン1最終話の演出を手がけていることで知られている。1月には新「スター・ウォーズ」の監督就任の噂が報じられていたが、本人は当時、「『スター・ウォーズ』の関係者とつるんでいるのをみて、私が大きな打ち合わせをしていると思われたようだ」とやんわりと否定。もしオファーがあった場合は「やりたいに決まっている」と意欲を示していた。

 今回の発表に際し、ワイティティ監督は自身のInstagramを更新。このニュースを伝える「スター・ウォーズ」公式ツイッターのキャプチャ画像に、「最終的には、ただの噂ではなかったみたいだね」とコメントしている。

 なお、Disney+で配信する新しいスター・ウォーズ実写ドラマシリーズの脚本・プロデュース・ショーランナーを、「ロシアン・ドール:謎のタイムループ」のレスリー・ヘッドランドが担当することも同時に明らかにされた。

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。