ダンサー・振付師のRIEHATA『情熱大陸』出演へ “K-POP中心に世界中からラブコール”(オリコン)

出典元:オリコン

BTS、TWICE、NCTといった人気のK-POPアーティストを中心にしながらも、EXILEやクリス・ブラウン、レディー・ガガなど、世界中からダンスや振付の依頼が後をたたないダンサー・振付師のRIEHATA(りえはた 30)が、4日放送のMBS/TBS系『情熱大陸』(毎週日曜 後11:25)に出演する。

【写真】Dリーグ初代王者に!RIEHATA率いる「avex ROYALBRATS」

 番組が初めてカメラを向けた日、彼女は世界初となるダンスのプロリーグ=“Dリーグ”のROUND9に向けたリハーサル中だった。2021年1月に開幕した“Dリーグ”は、9つのチームが全12ROUNDを戦い抜き、上位4チームが7月のチャンピオンシップで初代王者に選ばれる。

 RIEHATAはチーム「avex ROYALBRATS」を率いて、優勝を目指していた。ダンサー兼ディレクターとして振付や衣装のみならず楽曲制作も手掛け、毎回違うアイデアを生み出してゆく。K-POP調の時には韓国人女性をスタジオに招き、自作の歌詞を翻訳。自ら歌まで唄うなど一切妥協をしないプロ意識がうかがえた。

 さらに“Dリーグ”の合間を縫ってGENERATIONSの新曲の振付をしたり、友人の HIPHOP歌手AIのゲストダンサーとして駆けつけたり…。明け方まで仕事をする日もあるが、2人の愛息子のため、朝7時には必ず朝食を作り学校へ送り出す。番組では、いま、世界が熱い視線をおくるRIEHATAの超多忙な日々を見つめた。

 RIEHATAは、1990年8月9日、日本人の父とフィリピン人の母の次女として新潟に生まれる。中学校を卒業後、単身ロサンゼルスへ渡りダンスを学ぶ。22歳の時、膝の前十字靭帯断裂という大ケガを負い、一時ダンスを諦めかけたが、手術・リハビリを通して逆境をはねのけ2年後に復活した。

 唯一無二の圧倒的な表現力とキャッチーでユニークなダンスで、BTS、TWICE、NCT、RedVelvet、EXOといったK-POPを中心に、クリス・ブラウン、レディー・ガガ、EXILE、三代目JSB、AI、倖田來未、青山テルマなど世界中からラブコールを受けるダンサー・振付師。小学生の息子が2人いる。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。