ティム・ロス×クライヴ・オーウェン共演の音楽ミステリー『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』予告(クランクイン!)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:クランクイン!

ティム・ロスとクライヴ・オーウェンが共演する、フランソワ・ジラール監督最新作『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』より、美しいヴァイオリンの音色が鳴り響くミステリアスな予告編と場面写真が解禁された。

【動画】『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』予告編

 本作は、『レッド・バイオリン』『シルク』などを手掛けた音楽映画の名匠フランソワ・ジラール監督が贈る音楽ミステリー。ブルッフ、バッハ、ベートーヴェン、パガニーニなどのクラシック楽曲とともに紡ぐハワード・ショアの音楽、そして21世紀を代表するヴァイオリニストのひとり、レイ・チェンによる演奏が作品を彩る。

 共にオスカーにノミネートされた経験を持つティムとクライヴが円熟味あふれる演技を披露するほか、本作で映画初出演を果たした、ウェールズ国立青年オーケストラ所属の最年少メンバーであるルーク・ドイルが華麗なヴァイオリン演奏を披露しフレッシュな魅力を振りまく。

 第二次世界大戦が勃発したヨーロッパ。ロンドンに住む9歳のマーティンの家に、ポーランド系ユダヤ人で類まれなヴァイオリンの才能を持つ同い年のドヴィドル(ルーク)が引っ越してきた。ふたりは宗教の壁を乗り越え、兄弟のように仲むつまじく育つ。しかし、21歳を迎えて開催された華々しいデビューコンサートの当日、ドヴィドルは行方不明に。その35年後、ある手掛かりをきっかけに、マーティンはドヴィドルを探す旅に出る。彼はなぜ失踪し、何処に行ったのか。 その旅路の先には、思いがけない真実が待っていた…。

 予告編は、コンサート会場で演奏を楽しみに待つ人々を捉えた、笑顔あふれるシーンから始まる。しかしそんな華やかな雰囲気も束の間、「どこにもいない」という一言で状況は一変。報告を受けた正装姿の男性は青ざめる。この日、輝かしいデビューを飾るはずだったヴァイオリニストのドヴィドルが行方不明になったのだ。

 場面はそれから35年後に切り替わり、あの日消えたドヴィドル(クライヴ)を「僕が見つける」と決意をしたマーティン(ティム)が、彼を知る人々と出逢い、手がかりを集めていく様子が映し出されていく。ロンドン、ワルシャワ、ニューヨークを巡り、訪ね歩くマーティン。最後はドヴィドルの「あの日、人生が変わったんだ」という意味深なセリフで締めくくられる。レイ・チェンによる美しいヴァイオリンの音色も印象的な、波乱の展開を予感させる予告編となっている。

 場面写真は4点。幼少期のドヴィドル(ルーク)とマーティンが共に楽器を演奏する場面、ドヴィドルが避難所で大人の視線を浴びながらも凛とした表情でヴァイオリンを弾く姿、大人になったマーティン(ティム)がドヴィドルを見つけるための手がかりを求めて路上ミュージシャンに聞き込みを行う場面などを収めている。

 映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』は12月3日より全国公開。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。