ディーン・フジオカ『パンドラの果実』アクションまとめ公開 映画さながらの迫力に注目(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優のディーン・フジオカが主演する日本テレビ系連続ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(毎週土曜 後10:00)が、25日に最終回を迎える。番組公式YouTubeでは、ディーン演じる主人公・小比類巻祐一のアクションシーンまとめ動画が21日、公開された。

【写真】格闘家のような筋肉を“まとった”ディーン・フジオカ

 科学犯罪対策室を創設した小比類巻が、アドバイザーとして天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)を迎え、最先端科学にまつわる事件を捜査。その裏に隠された科学そのものを捜査によって解き明かしていく一方で、最愛の妻を亡くした警察官僚・小比類巻の家族愛の物語にもなっている。

 18日放送の第9話では、小比類巻が最愛の娘・星来(鈴木凜子)のために手段を選ばず鬼と化す“暴走っぷり”が話題に。「まさに映画のようなアクション!」「壮絶すぎる拳の対決!」と、息をつく暇もない怒とうの展開となった。

 25日放送の最終回(第10話)では、榊原(加藤雅也)の研究所に潜入した小比類巻がついに終末決戦を迎える。人類の未来を託された科学犯罪対策室が、人類選抜計画をもくろむ危険なバイオテロに立ち向かう。最後までその迫力あるアクションに期待が高まる。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。