デビュー15周年の倉科カナ「どんなキツイことでもやれる」 女優生活を支えた“朝ドラ”挑戦(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

2009年にNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』のヒロイン・浜本波美役に抜てきされて注目を集めて以降、『名前をなくした女神』『それでも、生きてゆく』(ともにフジテレビ系)など話題作に数多く出演する倉科カナ。7月2日から公開される『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』では、初めて長編アニメ映画で声優として参加した。今年、デビュー15周年を迎えた倉科だが、自身のキャリアについては地道に積み重ねてきた意識が強く、「ずっとほふく前進でした」と振り返る。女優としてのターニングポイントや演じることへの思い、さらに自身もファンである『七つの大罪』の魅力を聞いた。

【写真】弾けるような笑顔がかわいい 倉科カナ撮り下ろしカット

 本作は、いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれていなかった古の時代を舞台に、七人の大罪人により結成された王国史上最凶最悪の騎士団〈七つの大罪〉が世界の危機に立ち向かっていく姿を描く、ヒロイックファンタジー。今回の劇場版では、完結を迎えたはずの彼らの物語が、壮大なスケールで再び幕を開ける。倉科は、本作でヒロイン・エリザベスの母であり女神族を統べる“最高神”を演じる。

■ 「目の覚める思い」 声優のすごさを思い知る

 もともと「マンガもアニメも見ていた1ファンだった」という倉科。今回の声優のオファーを受けて「本当に夢のようでした」と笑顔を見せる。本作の魅力を尋ねれば「多種族間で一致団結しているこの感じも好きですし、一人一人のキャラクターも豊か。みんなが罪や過去を背負って、それと向き合って戦っていく姿に魅了されます」と言葉が途切れない。「自宅ではアニメを常に流し見しています。アニメは現実世界からトリップできる私の心の安定剤なんです」と話すほどのアニメ好きでもある。

 本作では、ベールに包まれた最高神という役どころを「人間味が出ないよう無機質さを心がけました。『私の創造物たち』に話しかけているという感覚を大事にし、できるだけ感情を排除して偉大さを表したつもりです」と作り込んで演じた。それでも、「声だけの演技はやっぱり難しかったです」と苦笑い。

 「声だけで表現するのは、やっぱりすごいことだと思いました。普段は全身で表現できるので、声だけというのは目の覚める思いでした。同じエンターテインメントの仕事をしていてもこんなに違うのか。やっぱり声優さんってすごいなって改めて感じました」。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。