デヴィッド・ボウイ五周忌 象徴的な写真で振り返るアイコンの変遷(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

2020年1月10日、五周忌を迎えたデヴィッド・ボウイ。昨年秋に刊行された写真集『David Bowie : Icon』から、彼のアイコニックな写真の数々をお届けする。

【この記事の写真を見る】デヴィッド・ボウイ五周忌 象徴的な写真で振り返るアイコンの変遷

『David Bowie : Icon』には鋤田正義、テリー・オニール、ミック・ロックなど、ボウイと縁ある25人のフォトグラファーによる写真を収録。彼らのエッセイも掲載されている。計344ページの大判ハードカバー本。

1-The TransSiberian Express
© Geoff MacCormack/Iconic Images
70年代にボウイのツアーバンドに参加したジェフ・マコーマックによる写真。「73年4月に鋤田正義がニコマートのカメラをくれた。これはツアーのためにデヴィッドと俺が東京に到着した直後のこと。このカメラで撮影したデヴィッドの最初の写真がシベリア急行の客車の外で撮ったもので、今回のセレクションにも収録されている」

2-Andrew Kent on Getting Bowie’s Approval
© Andrew Kent/Iconic Images
ボウイから全面的な承認を得た最初のフォトグラファー、アンドリュー・ケントによる写真。1976年、ボウイがイギー・ポップとソ連を旅行していたときの一コマ。

3-Bowie Photographed Performing Live on Stage in 1983
© Janet Macoska/Iconic Images
数々のロックスターを撮影してきたジャネット・マコスカの写真。1978年の「アイソーラーII・ツアー」で撮影し、ボウイの信頼を勝ち取ったという。

4-Greg Gorman on Meeting a Creative Genius
(c) Greg Gorman/Iconic Images
ハリウッド・スターのポートレイトを多数手掛けてきたグレッグ・ゴーマンによる写真。

5-Bowie Poses With a Large Barking Dog for Publicity Shots for His 1974 Album ‘Diamond Dogs’ in London
(c)  Terry O’Neill/Iconic Images
2019年に亡くなったテリー・オニールによる写真。吠える大型犬の横でポーズをきめるボウイ。『ダイアモンドの犬』アートワークのガイドとして使用された。

その他、全12点掲載。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。