ドキュメンタリー「長崎の郵便配達」16歳で被爆した谷口稜曄さんスピーチ、吉永小百合の応援コメント公開(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

名作映画「ローマの休日」のモデルになったと言われる元英空軍大佐と、長崎で被爆した少年との交流を描いたドキュメンタリー「長崎の郵便配達」が本日8月5日、公開初日を迎える。16歳で被爆し、背中一面に重度の火傷を負い約3年7カ月にわたる治療を経て、郵便局員として復職した谷口稜曄さんの生前のスピーチ映像と、35年以上にわたり原爆詩の朗読活動を行う、吉永小百合からの応援メッセージが披露された。

【動画】「長崎の郵便配達」谷口さんスピーチを映した本編映像

 戦後に元英空軍大佐ピーター・タウンゼンドは作家となり、16歳で郵便配達中に被爆した谷口稜曄(すみてる)さんを取材。1984年、1冊のノンフィクション小説「THE POSTMAN OF NAGASAKI」を出版した。川瀬美香監督による映画は、タウンゼンド氏の娘であり女優のイザベル・タウンゼンドが、父親の著書とボイスメモを頼りに長崎でその足跡を辿り、父と谷口さんの想いを辿っていくドキュメンタリーだ。

 谷口さんは1945年8月9日、長崎市で郵便局員として働いていた。16歳の夏、配達中に被爆し、背中一面に重度の火傷を負ったが奇跡的に生還。被爆から約3年7カ月の治療を経て、郵便局員として復職した。谷口さんは、日本原水爆被害者団体協議会の代表をつとめるなど、2017年8月に他界するまで、約70年にわたり被爆者運動を牽引し、長崎の人々にとって「ヒーローのような存在」であるという。

 このほど公開されたのは、15年にNYの国連本部で開催された「核兵器不拡散条約(NPT)再検討会議」にあわせ渡米し、国際会議でスピーチをする谷口さんの姿を捉えた本編映像。これが谷口さんにとって最後の渡米となった。「赤い背中の少年」として世界的に知られる写真をかかげ、「3年7カ月の闘病生活の間、1年9カ月うつぶせの状態で身動き一つできなかったので、胸が床ずれで腐りました。胸は今でもえぐり取られたようになり、肋骨の間から心臓の動いているのが見えます。私はこんな状態で今日まで生きてきました」と、原爆が生涯、谷口さんの心身に与え続けた深い傷について語っている。

 タウンゼンド氏の著書「THE POSTMAN OF NAGASAKI」の復刊を誰よりも望んでいたという谷口さんは、川瀬監督に「許せないんだよ。原爆が悲惨なことは明らかにも関わらず、世界はまだ核を保有している。この本が後世に残っていくことが重要なのだ」と伝えたという。また、川瀬監督は、谷口さんの素顔について「公の場では寡黙でしかめっ面が多かったのですが、タウンゼンドさんとの思い出を話す時の楽しそうな表情と、ふと黙った時に遠くを見つめる目が印象に残っています」と振り返っている。

 35年以上にわたり原爆詩の朗読活動を行う吉永は「2015年の夏、長崎で私は谷口さんのスピーチ『平和への誓い』を聴きました。被爆後1年半以上も俯せのまま治療を受けていた谷口さん。核兵器廃絶への強い思いに、私は胸がいっぱいになりました」と谷口さんへのメッセージと本作への応援コメントを寄せている。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。