ハライチ岩井「笑いが最優先」 漫才師として信念ブレず「本業をおろそかにしない」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気(35)による、エッセイ本『どうやら僕の日常生活はまちがっている』(新潮社)。「ハライチの岩井」がつづる、芸人としての仕事ぶりをつづったものではなく「岩井勇気」の視点から見た日常生活での出来事が記されている。意識的に、こうした形式を採用している理由はどこにあるのか、エッセイを執筆するにあたって意識していること、芸人として心がけていることなどに迫った。

【画像】キュートな宇宙人お披露目!ハライチ・岩井勇気が漫画原作に挑戦

■公式側の振る舞いに冷静な視線 漫才のテンポでエッセイをつづる

――エッセイ本の帯デザインを読者投票で決める「“帯”総選挙」にあたって、運営側がツイッターで意見を発信していた時に、岩井さんが待ったをかけた出来事がありました。

2次元界隈で仕事をしているので、よくあるなという感じでした。濃いファンが多いので、公式が浮かれていると急に冷めちゃうんですよ。なんか、公式側の人がファンみたいなニュアンスがちょっとでもあると、その人の方が対象と近いじゃないですか? すっごい冷めないですか? ファンからしたら、頑張って、その人に近づこうと思っていたとしても、運営側には勝てないから。運営側にそのベクトルがあると冷めるっていうのは、老舗出版社はわからないんですよね。なんか、そういうことって本当にあるんです。オレが言うしかないんですよ。オレは客に一番向いていることが正しいと考えていて。自分がやりたいことはあるけど、それをどう受け取るかっていうことは考えています。ちゃんとお客さんファーストで、受け取った人が楽しめるような状況が一番いいですよね。一生懸命「帯、何がいいかな」と考えて投稿しても、公式が見解を出しちゃうと、変な流れが生まれちゃうから、そこは公平にいきたいなと。

――エッセイの中では「地球最後の日に何を食べるか?」という、よくある話題に対して、順序立てて考えていく様子がつづられていましたね。

好きなんですよね。地球最後の日に何を食べるって言われたら、その時の胃の調子とかって普通は考えないですよね(笑)。聞かれた時にみんな、本当に地球最後の日がくると想定していないんですよ。だから、ちゃんと真面目に考えてみることをしたらどうなるんだろうって。だから、映画にしてもいいかもしれないですよね。『シン・ゴジラ』みたいな、今の日本にゴジラが来たらどうするんだっていうことを地球最後の日に何を食べるのかに置き換えて、どうなるのかと。

――どのエッセイもすごくテンポ感があったのですが、心がけていることはありますか?

僕がちゃんと気をつけているところは、読みやすさくらいかもしれないですね。漫才のテンポで読めるようにしています。いいところって、それじゃないですかね(笑)。引っかからない、バリアフリーエッセイだと思います。一見さんお断りみたいなことは大嫌いなので、置いてけぼりにしないことは徹底しています。「芸能人の岩井が書いているぞ」ということをとにかく消したくて。だから、今回も仕事のことはほとんど書いていないです。仕事の描写でも「テレビの仕事」じゃなくて「仕事」にしていたり。今回は芸人だということを一切入れていないです。

――岩井さんとお母さまとのやり取りも印象的に描かれています。

ずっとケンカしているみたいな感じなんですよね。こっちも思春期みたいな対応をしちゃうし、親も思春期の子どもに対する対応をしているんですよね。だから、今後どうするんだろうって思いますよね(笑)。23歳くらいからテレビに出ていて、お給料もよかったし、お金もあるっちゃあるのに、母親がお金の管理をしているので、パーッとお金を使う経験をしたことがなくて。いまだに「今月、金ないなー」って思うことありますもん(笑)。お小遣いがなくなっちゃって、スーパーの買い物をやめようと思ったり、楽屋の弁当も持って帰ろうって思ったり(笑)。僕はお金に無頓着だから、管理ができないんですよね。貯金とかも、親が全部使いたいって言い出したら、別にいいよって思うし。食いっぱぐれてもいいなと思っているので、貯金が全部なくなっても大丈夫じゃないですか? どうにかなりますよ。傷まなそうな服が1着あれば大丈夫でしょう(笑)。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。