パリス・ヒルトンの正体 インフルエンサーの元祖がはじめて明かした虐待経験(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

パリス・ヒルトンにはふたつの顔がある。Y世代のパリス・ヒルトンとZ世代のパリス・ヒルトンだ。

【動画】元祖お騒がせセレブの「表」と「裏」を描いたドキュメンタリー『This Is Paris』

Y世代(80年代序盤から90年代中盤までに生まれた世代)にとって、ヒルトン一族といえば「生まれながらの有名人」で、パパラッチのカメラの前でポーズをとったりベロベロに酔いつぶれてNYのクラブ「Bungalow 8」から出てくる以外に能がない、つぶらな瞳のおてんばご令嬢という定着したイメージがある。

だがZ世代(90年代中盤以降に生まれた世代)にとって、パリス・ヒルトンは時代の象徴だ。自力で財を成したビジネスウーマンの先駆けであり(フレグランスをはじめとする彼女のブランド商品の時価総額は数十億ドル)、InstagramやTikTok動画でひっきりなしにもてはやされる2000年代初期の美的感覚――セクシーなドレスやラインストーンを埋め込んだチョーカー、フィンガーレスグローブなど――を生んだファッション・アイコンであり、音楽界で活躍する(おそらくは過少評価されている)アーティストでもある。そして何より、カイリー・ジェンナーやヘイリー・ボールドウィンのはるか以前にさかのぼる元祖インフルエンサーで、幅広いコネと親の七光りで巨大な地位を築いているその他ハリウッドの若い女性の先駆者だ。

アレクサンドラ・ディーン監督によるYouTubeオリジナルのドキュメンタリー映画『This Is Paris』が描こうとしているのは、Z世代のパリス・ヒルトンだ。リアリティ番組『シンプル・ライフ』での迷言や、コーチェラ・フェスで報じられたパンツ丸見えスタイルを世間が笑いものにする中、ひそかに数十億ドルの帝国を築き上げた叩き上げの女性、駆け出しの起業家、#girlbossとして。また虐待経験者として、女性活動家としての新たな立ち位置を提示することで、今までとは違うヒルトンのイメージを打ち出そうとしている。

『This Is Paris』は、1990年代から2000年初期にかけて世間からレッテルを張られた人物、とりわけ女性たちに新たな光を当てる流れの最新の例だ。アニタ・ヒル、ロレーナ・ボビット、トーニャ・ハーディングといった女性たちに対する見方を変え、それがいかに女性蔑視の影響を受けていたかを認識し、新たな理解と同情をオーディエンスに求めるのがねらいだ。だが彼女たちとは違って、ヒルトンは社会から疎外されているわけではない。彼女は富と美貌ゆえに成功を収めた、美しい裕福な白人女性なのだ。

本作品ではこの事実が深く掘り下げられていない。オーラルセックスをするのは「ブスな子」だけというかの有名な自説や、家族ぐるみの付き合いだったドナルド・トランプ氏の「プッシーわしづかみ」発言を軽く受け流した2017年の態度、トランプ氏を性的暴行で告発した女性たちは「世間の注目を浴びて有名になりたいだけ」という主張など、犠牲者非難や売春婦を差別するような過去の発言も取り上げられていない(本人が言うには、現在はトランプ大統領の政策に幻滅したらしく、予備選挙の際はピート・ブティジェッジ候補を支持した)。

カメラの前でNワードを発するなど、人種差別的な過去にも触れていない。飲酒による危険運転で収監された際も、凡人ならもっと長い刑を務めることになるところを、たくみに特権を利用して早々と釈放されたことにも言及していない(ちなみに、映画のプロデューサー陣にヒルトンの名前があることは指摘しておくきだろう)。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。