ビートたけし誕生秘話を描く「浅草キッド」 初コント直前映した本編映像公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

ビートたけしの誕生秘話を描くNetflixオリジナル映画「浅草キッド」。大泉洋演じる師匠・深見千三郎と柳楽優弥演じるタケシとの初コント直前の本編映像(https://youtu.be/AJb0NrxGijc)が披露された。

 劇団ひとりが監督と脚本を担当し、たけしの原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした日々を描く。このほど公開された映像は、タケシが初舞台を前に、“幻の浅草芸人”と呼ばれた師匠・深見が真剣な眼差しで“芸ごと”の真髄を伝える重要なシーンだ。

 楽屋でホステス役を与えられたタケシが厚化粧をしているところを見かけ、「おいタケ、なんだそれ」と尋ねる深見。素直にタケシが「ホステスです」と答えと、「バカヤロー!」と深見のカミナリが落ちる。

 「いいか、タケ。芸人なら芸で笑いとれ。芸人なら女になりきれ。どこの世界に自分をブサイクにするホステスがいるよ。世界で一番きれいになってやる!そういう心意気で化粧しろ」と芸人としての心得を伝授。そして「俺のとこでやりてぇならな、笑われるんじゃねえぞ。笑わせるんだよ」と、強い信念を愛弟子に見せつける深見の言葉を切り取っている。

 「浅草キッド」にはそのほか、門脇麦、お笑いコンビ「ナイツ」の土屋伸之、鈴木保奈美、尾上寛之、風間杜夫らが出演。12月9日からNetflixで全世界独占配信。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。