ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』日本公開が2022年7月に決定 ティザービジュアルと特報も解禁(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

ディズニー&ピクサーの最新作となる映画『バズ・ライトイヤー』の日本公開が2022年7月に決定した。あわせて作品のティザービジュアルも解禁となっている。

「バズ・ライトイヤー」画像・動画ギャラリー

本作は「トイ・ストーリー」シリーズの言わずと知れたスペースレンジャー、バズ・ライトイヤー「本人」の原点を描く物語。おもちゃの世界に始まり、頭の中の世界、死後の世界など、さまざまな「もしもの世界」を描いてきたピクサーが、そのイマジネーションを無限の彼方へ飛躍させ、こんどはバズ・ライトイヤーのルーツに挑戦する。
なんだかややこしいと思った人は以下の特報映像を見てほしい。

特報には、おもちゃではない「本物の」バズ・ライトイヤーが登場。壮大な宇宙を舞台に、バズがテスト飛行に臨む姿や、(のちにおもちゃ化されるであろう)おなじみの宇宙服を初めて目にする瞬間が描かれる。作画の違いから「トイ・ストーリー」シリーズとは世界を異にすることがよくわかる映像となっており、後半ではデヴィッド・ボウイの名曲『Starman』が情感たっぷりに流れる。詳しいストーリーはまだわからないものの、ひと足早く公開されたUS版の映像は24時間で8300万回再生され、同期間における『トイ・ストーリー4』の記録(6200万回)を大きく上回った。
本作の監督は『ファインディング・ドリー』でも共同監督を務めたアンガス・マクレーン。彼は「トイ・ストーリー」シリーズの短編作品『にせものバズがやって来た』や『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』にも携わるなど、バズ・ライトイヤーのキャラクターを熟知した人物だ。そしてバズ役の声優には、MCUでキャプテン・アメリカを演じたクリス・エヴァンスがキャスティングされている。

コメントは受け付けていません。