ヘンリー・ゴールディング×「追憶と、踊りながら」ホン・カウ監督 「MONSOON モンスーン」22年1月14日公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

ヘンリー・ゴールディング(「クレイジー・リッチ!」「G.I.ジョー 漆黒のスネークアイズ」)が主演し、30年ぶりにベトナム・サイゴン(現ホーチミン)へ帰郷した男のアイデンティティを探す旅路を描いた「MONSOON(原題)」が、「MONSOON モンスーン」の邦題で、2022年1月14日に公開されることが決定。「追憶と、踊りながら」のホン・カウが監督を務める。

【フォトギャラリー】30年ぶりにサイゴンに帰郷する男を演じたヘンリー・ゴールディング

 主人公キットは、両親の遺灰を埋葬するため、30年ぶりに祖国であるサイゴンに足を踏み入れる。彼は6歳のとき、家族とともにベトナム戦争後の混乱を逃れてイギリスへと渡ったボート難民だった。訪れたサイゴンはいまやすっかり経済成長を遂げ、かつての姿は見る影もなかった。

 イギリス人の父とマレーシア人の母を持つゴールディングは、キットの持つ複雑なアイデンティティに強い共感を抱いたという。またホン監督は、キットと同様、カンボジアから逃れてベトナムに渡り、8歳まで同国で過ごし、その後、ボート難民として渡英していた過去を持つ。

 本作の見どころは、変わりゆくサイゴンと変わらないハノイをとらえた、ベトナムの“いま”を伝える異国情緒溢れる映像美。サイゴンでは、大量のバイクが道路を行き交い、巨大なビルが立ち並ぶ一方、ハノイには古い町並みが残っている。前者では新世代が活躍し、後者では旧世代が昔ながらの暮らしを営んでいるが、年齢的には新世代に属するキットは、ハノイに安らぎを感じる。変わり果てた街になじめず、故郷にいながらも孤独を感じるキットの、過去の面影をめぐる旅が描かれる。

 あわせて披露されたビジュアルには、ベランダからサイゴンの街を眺めるキットの後ろ姿を活写。過去の傷を抱えながら生きてきたキットの郷愁や、未来への希望を感じさせる表情が印象的だ。「この街の風が孤独な心を癒していく――」というコピーもおさめられている。

 「MONSOON モンスーン」は、22年1月14日に東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。