ベストコメディデュオ受賞のマヂラブ、優勝期待するのはオズワルド&ランジャタイ(お笑いナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:お笑いナタリー

マヂカルラブリーが本日11月24日、都内で行われた「GQ MEN OF THE YEAR 2021」受賞者によるフォトコールに参加した。

【動画】「GQ MEN OF THE YEAR 2021」 授賞式ライブ(他18件)

既報の通り、マヂカルラブリーは雑誌「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)がジャンルを問わずその年に圧倒的な活躍を見せた人を称えるアワード「GQ MEN OF THE YEAR 2021」において「メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・コメディ・デュオ賞」を受賞している。今回の受賞について、野田は「予定ではキングオブコントで3冠獲る予定だったんですが、逃してしまったのでこれで晴れて3冠、ということにしようと思います」とコメント。「M-1グランプリ2020」優勝からの1年を回想し、「一昨年くらいまでは、たまに出るテレビで罰ゲームの低周波を食らってもアドレナリンが出ていて感じなかった。今年に入ってちゃんとスタジオの景色も見えるようになって、低周波もちゃんと痛くなった」としみじみ話した。

村上は「普段の生活を普通に1年してきて、気づいたら選ばれていたってことで、ラッキーと思います!」と受賞の喜びを語り、「ちゃんと大人の生活ができるようになった1年。シケモクを探し歩くようなことはなくなりましたので、大人の仲間入りだなっていうのを感じた」と2021年を振り返る。

司会から「M-1グランプリ2021」での活躍を期待する芸人を問われると、村上は自身が優勝時に着用していたメガネをオズワルド伊藤に譲ったことから、オズワルドと回答。野田はランジャタイを挙げ、村上に「誰ですかそれ?」とツッコまれてもスルーしたまま「ランジャタイが優勝すれば、より(激しい)漫才論争が起こる。そのときにまた僕らが掘り起こされるので、永遠に話題が尽きない」と打算を明かした。

なお、同アワードで「メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・コメディアン賞」を受賞したゆりやんレトリィバァもフォトコールに登場。彼女の語ったことは別記事で紹介する。「GQ MEN OF THE YEAR 2021」の授賞式はこのあと19時半より「GQ JAPAN」のYouTube公式チャンネルやTwitter、TikTokの公式アカウントで生中継され、田中みな実と東京03角田が司会を務める。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。