ポーランド映画祭2020、11月20日開催 「デカローグ」全話、オスカーノミネート「聖なる犯罪者」上映(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

ポーランドの最新映画を紹介し、映画史に残る傑作を特集する「ポーランド映画祭2020」が、11月20日~11月23日に東京都写真美術館ホールで開催されることが決定、上映作品のラインナップの一部が発表された。

 今年で9回目となる同映画祭は、コロナウイルス対策により例年より期間を短縮して開催。第1弾ラインナップとして、クシシュトフ・キェシロフスキー監督作品「デカローグ」HDリマスター版と、第92回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート作「聖なる犯罪者」が上映される。

 「デカローグ」は、旧約聖書の十戒をモチーフに、ワルシャワの巨大アパートに暮らす人々の人生模様を綴った連作集。当初はテレビドラマとして製作されたが、質の高さが大きな話題を呼び1989年ベネチア国際映画祭で上映。後に世界で劇場公開された。スタンリー・キューブリックが「重要な映画の1本」と絶賛したほか、エドワード・ヤンやホウ・シャオシェンらが賞賛の声を贈った。「トリコロール三部作」と並ぶキェシロフスキー監督の代表作で、全10話からなる本編上映時間585分の超大作だ。

 「聖なる犯罪者」は、今ポーランドで最も注目される若手監督ヤン・コマサの長編第3作。服役中の青年が司祭の代理に就くという実話を基にしたドラマだ。今回のラインナップの2作品とも2021年の劇場公開が決まっているが、一足早くポーランド映画祭で上映される。また、映画祭開催に向けて監修イエジー・スコリモフスキからのメッセージ動画も公開された。

 ポーランド映画祭2020は、11月20日~11月23日東京都写真美術館ホールにて開催。

コメントは受け付けていません。