マイクロソフトがXbox Series X|S向けに設計されたゲーミングモニター3種を海外で発表(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

マイクロソフトは、Designed for Xboxプログラムの一環としてXbox Series X|Sに最適化された、ゲーミングモニター3種を発表した。
公式ブログXbox Wireによると、マイクロソフトは Xbox Series X|Sの能力をフル活用でき、かつ高い解像度と高いリフレッシュレートを実現するHDMI 2.1に対応したゲーミングモニターを、Acer、ASUS、Philipsと共同開発した。
Designed for Xboxマークの付いた、合計3種のモニターが発売される。その3種はPhilipsのMomentum、ASUSのStrix Xbox EditionおよびAcerのXbox Editionだ。いずれも海外向けに年内発売予定であり、画面のティアリングを抑え、4K対応かつ120Hzのリフレッシュレートを誇るAMDのFreeSync Premium Proテクノロジーを搭載している。

「Xbox Series X」画像・動画ギャラリー

PhilipsのMomentumは、サイズが55インチで、「テレビとサウンドバーが一体となった」モニターだと紹介されている。その特長は、Xboxの画面設定に特化することで米VESAがローカルディミングやピーク輝度について定めた規格「DisplayHDR 1000」対応の高コントラストを実現している。このモニターが3種の中で最初の発売となり、今夏発売予定で、小売価格は最も高い1600ドル(約17万7千円)となっている。
AsusのROG Strix Xbox Editionは、サイズが43インチで、MPRT(応答速度)は1ミリ秒のゲーミングモニターだ。ASUSとDesigned for Xboxチームとの共同開発で、Xbox Series X|Sのいずれと接続した際にも最高の色彩、コントラスト、色相を実現している。AsusのROG Strix Xbox Editionは今年10月中発売予定で、価格は地域によるが、米国内では1400ドル(約15万5千円)となる。
AcerのXbox Editionは、サイズが28インチで、テュフ・ラインランドが定めるEyesafeの認定取得のディスプレイ、つまり眼精疲労を最小限に抑えるゲーミングモニターだ。Acer'のモニターが最も手ごろな価格となっており、小売価格は950ドル(約10万5千円)で、今秋発売予定となっている。

マイクロソフトは、Xbox用に設計されたゲーミングモニターと共に、クラウドゲーミングやストリーミングスティックやスマートテレビなどあらゆる技術をまとめて伝統的なゲーム機デバイス以外の方法を模索している。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。