マヂカルラブリー、タキシード姿で“デュオ”として受賞 野田クリスタルはオリンピアンの筋肉に興味津々(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

お笑いコンビ・マヂカルラブリーが24日、都内で行われた『GQ MEN OF THE YEAR 2021』授賞式に出席。「メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・コメディ・デュオ賞」に選ばれ、タキシード姿で盾を受けとった。

【全身ショット】タキシード姿で登壇したマヂカルラブリー

 村上(37)は「デュオだったんだというのをここで気付かされました。確かに圧倒的な活躍だったかな」とジョークを織り交ぜ、野田クリスタル(34)は「『M-1グランプリ』の2017で最下位をとり上半身を脱いだという時点で、この賞はふさわしいのかなと思っております」と胸を張った。

 「メン・オブ・ザ・イヤー・ヒーロー・オリンピアン賞」として、東京五輪で活躍した阿部詩(柔道)、阿部一二三(同)、五十嵐カノア(サーフィン)、都筑有夢路(同)、野口啓代(フリークライミング)、堀米雄斗(スケートボード)も表彰され、マヂカルラブリーが加わったトークセッションでは“筋トレ”の話題に。

 野田は「このご時世じゃなかったら一二三さんに投げ飛ばしてもらいたい」と笑わせ、減量が「2ヶ月で7キロぐらい落とす」と聞くと、「もともと少ない体脂肪で7落とすのは大変だと思う」と感心しきり。五十嵐に対しても「ゴリゴリのマッチョ」と羨望のまなざしを送っていた。

 『GQ MEN OF THE YEAR』は、男性ファッション誌『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)恒例のジャンルを問わずその年に圧倒的な活躍をみせた人を称えるアワードで、今年は「勇者の年」をテーマに選出。同誌の鈴木正文編集長は、マヂカルラブリーを「新しい漫才の地平を切り拓きつつある」と激賞した。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。