マーベル「ガンビット」にゴア・バービンスキー監督(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

[映画.com ニュース]「X-MEN」シリーズのスピンオフ映画「ガンビット(原題)」を企画中の米20世紀フォックスが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで知られるゴア・バービンスキー監督と交渉中であることがわかった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 チャニング・テイタム演じる主人公のガンビットことレミー・ルポーは、ニューオーリンズ出身のミュータント。トランプを使って物体に破壊エネルギーをチャージできる特殊能力と女好きのアウトローというユニークな設定から、マーベル・コミックスの数あるヒーローの中でも特に人気の高いキャラクターだ。

 主演のテイタムがリード・キャロリン、サイモン・キンバーグと共にプロデューサーを務める本作は当初、「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のルパート・ワイアット監督がメガホンをとるはずだったが、スケジュールの都合で降板。その後、ダグ・リーマン監督(「オール・ユー・ニード・イズ・キル」)に白羽の矢が立ったものの交渉成立には至らず、製作が滞っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。