マーベル「ヴェノム」続編公開は8カ月以上延期に 2021年夏全米公開決定(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:全米公開は21年6月25日に

[映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズ製作、トム・ハーディ主演「ヴェノム」の続編が、「Venom: Let There Be Carnage(原題)」のタイトルで2021年6月25日に全米公開されることがわかった。当初は今年10月2日に全米公開の予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により映画館が閉鎖されたため、スケジュールが後ろ倒しとなった。

 米Deadlineによれば、21年6月25日は米ワーナー・ブラザース製作、マット・リーブス監督、ロバート・パティンソン主演の注目作「ザ・バットマン」が全米公開予定だったが、21年10月1日に延期が発表された。これを受けてソニーは、「ヴェノム」の続編である「Venom: Let There Be Carnage(原題)」の公開を21年6月25日に設定したようだ。

 18年に公開されたルーベン・フライシャー監督「ヴェノム」は、スパイダーマンの宿敵として知られるマーベル・コミックスの人気キャラクター、ヴェノムを主人公にした初のスピンオフ映画で、世界累計興行収入8億5600万ドルの大ヒットを記録した。

 アンディ・サーキスが監督する続編「Venom: Let There Be Carnage(原題)」は、ハーディが主人公ヴェノムことエディ・ブロック役で再び主演し、ウッディ・ハレルソンが悪役カーネイジ/クレタス・キャサディ役、ナオミ・ハリスが女性ヴィランのシュリーク役で出演。撮影は、クエンティン・タランティーノ作品で知られるオスカー撮影監督ロバート・リチャードソンが務める。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。