ミニシアターは日本にとって「重要な文化財産」白石和彌監督:がんばれ!ミニシアター(シネマトゥデイ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い発令された、緊急事態宣言を受けて、現在全国の映画館では、休館など上映自粛が広がっている。なかでも経営規模の小さなミニシアターは大きな打撃を受けて閉館せざるを得ない可能性もある危機的な状況だ。今だからこそ、ミニシアターの存在意義について、今の日本映画界を担う映画人たちに聞いてみた。

 2013年に発表した『凶悪』で数々の映画賞を受賞した白石和彌監督にとって、ミニシアターは多くの巨匠たちが創り上げてきた作品から刺激を受ける場所だったという。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。