ムーミン原作者の波乱万丈な半生&創作の秘密に迫る映画『TOVE/トーベ』予告編(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

世界中で愛される“ムーミン”の原作者として知られる、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『TOVE/トーベ』(10月1日公開)の予告映像が解禁された。

【動画】映画『TOVE/トーベ』予告編

 フィンランドに第二次世界大戦の戦火が及ぶなか、“ムーミン”を一心不乱に描き上げるトーベの姿を捉えたシーンから始まる。やがて戦争が終わり、これまでの常識に捉われず自由な創作活動に没頭していくトーベ。しかし、著名な彫刻家である父にはムーミンを“芸術”として受け入れてもらえずにぶつかり合ってしまう。

 さらに、政治家・哲学者・ジャーナリストでありスナフキンのモデルになったとも言われる恋人アトスとの逢瀬、パーティで運命的に出会った舞台演出家ヴィヴィカとの刺激的な恋。そして世界で初めて上演されたフィンランドでのムーミン劇の模様、<ムーミントロールの家族>、<スナフキン>、そして<トフスランとビフスラン>のイラストを描く様子なども。芸術家として、そして1人の人間として、自由を愛し、たくましく生き抜いたトーベ・ヤンソンの情熱的な人生を色鮮やかに映し出していく。

 ムーミンの物語は、画家としてキャリアをスタートさせたトーベ・ヤンソン自身の人生を投影して生み出されたもの。文学、コミック、舞台劇、アニメーションなど、今日においても色あせること無く人々を楽しませ続けるムーミンのキャラクターたちは、いかにして育まれていったのか。この映画では、トーベ自身の人生のあり方とともに、その創作の秘密に肉薄する。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。