メイク&ヘアスタイリスト組合賞で「マ・レイニーのブラックボトム」が2冠 オスカー獲得へ一歩リードか(映画.com)

出典元:映画.com

第8回米メイク&ヘアスタイリスト組合賞授賞式が4月3日(現地時間)、バーチャル形式で行われ、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」と「マ・レイニーのブラックボトム」がそれぞれ2部門で受賞した。

 長編映画部門では、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」が現代メイク賞、現代ヘアスタイリング賞を受賞。「マ・レイニーのブラックボトム」は、時代劇/キャラクターメイク賞と、時代劇/キャラクターヘアスタイリング賞を受賞している。また、特殊メイク賞は、「Pinocchio(原題)」(マッテオ・ガローネ監督)が受賞した。

 テレビ部門では、「ウエストワールド」が現代メイク賞、「クイーンズ・ギャンビット」が時代劇/キャラクターヘアスタイリング賞、「マンダロリアン」が特殊メイク賞を受賞している。

 なお、前回の同賞では、「スキャンダル」が3冠に輝き、そのまま米アカデミーメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。今年のアカデミーメイクアップ&ヘアスタイリング賞には「マ・レイニーのブラックボトム」「Pinocchio(原題)」「エマ(原題)」「ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌」「Mank マンク」がノミネートされており、「マ・レイニーのブラックボトム」が一歩リードしたといえるだろう。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。