メーガン妃、イギリスでの暮らしは「息が詰まりそうだった」(ELLE ONLINE)

出典元:メーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)GETTY IMAGES

雑誌『USウィークリー』はメーガン妃の関係者の証言を入手。「イギリスでとてもつらい思いをしていた。パニックの発作が出るほどだった」という。イギリスではウィンザー城のフロッグモアコテージに住んでいた王子と妃。妃自らが指揮をとって改装したと報じられていたけれど、コテージにいると「妃は閉じ込められたように感じ、閉所恐怖症を引き起こしそうだと思っていた」と関係者。その一方で「批判や非難を受けていたことが原因で家から出るときには不安を感じていた。パニックもそのせいだった」。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。