メーガン妃、王室入りすることで浴びる猛烈な視線には準備ができていなかった(ELLE ONLINE)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

女優としての知名度があることと、ロイヤルファミリーの一員として広く知られることは、大きく異なることだと、ある王室専門家は語る。結婚前からすでに女優として名が知られていたメーガン妃だが、結婚に際し、どうやらその違いに備えておくことはできなかったよう。

【写真】“王室離脱”宣言前からずっとメーガン妃を応援しているセレブ10人

王室担当記者のケイティ・ニコールは先ごろ、オーストラリアのメディア『9ハニー』に対し、次のように語った。

「メーガン妃は女優として、写真を撮られることには慣れていました。彼女は王室に嫁ぐ前に、自らの力で有名になっていましたから」「彼女自身もそう語っていたとおり、その経歴から、メディアの注目にもうまく対応できる、スポットライトを浴びるなかでもそれなりの対処の仕方を見つけることができる、と思われていました」

「ですが実際には、彼女が結婚後に遭遇した状況は、備えておくことなどほぼ不可能なものだったようです。“Bリスト”(そこそこの人気)の女優としての経験は決して、突然世界で最も有名な女性になることへの準備として、役に立つものではありませんでした」「ハリウッドが与えてくれると考えられたステージ、それまでにハリウッドで経験したステージとは比べようもない規模で、彼女は世界的に知られる人になったのです」

ケイティはまた、王室メンバーであるために常に人の目にさらされるという生活に苦しんできたのは、メーガン妃だけではないと指摘。ただし、イギリスのメディアとの間で、メーガン妃のような経験をした人は他にはいなかっただろうとも述べている。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。