メーガン妃が、キャサリン妃との距離を縮めるためにしたこととは?(ELLE ONLINE)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ELLE ONLINEアクセスランキング(エンタメ)雑誌アクセスランキング(エンタメ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

ヘンリー王子とメーガン妃はこの春、イギリス王室の公務から引退。その最後の仕事となったのは、ウエストミンスター寺院で毎年行われるコモンウェルス・デーの礼拝への出席だった。

近く発売される夫妻の伝記『Finding Freedom(原題)』によれば、この礼拝の時にも、ウィリアム王子とキャサリン妃には明らかに、弟とその妻に対する緊張感が残っていたのだとか。

伝記の共著者である王室担当記者のオミッド・スコビーは『ピープル』誌に対し、「関係を損なうようなことが、いくつも起きていた」と述べている。また、もうひとりの著者キャロリン・デュランによれば、キャサリン妃とウィリアム王子がメーガン妃と親しくなることはなかったとのこと。最後の公務となったこの礼拝のときにも、ヘンリー王子とメーガン妃は兄夫妻から、冷たくあしらわれたと感じていたそう。

2人の著者はそのほか、“ファブ4”と呼ばれてきたこの4人が、友好的な関係だったことはないとも書いている。ただ、メーガン妃は兄夫妻との間の緊張感を和らげるため、キャサリン妃の誕生日にレザーのカバーが付いたスマイソンのノートをプレゼントしたり、シャーロット王女と仲良くしたりしていたという。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。