ローリングストーン誌が選ぶ、2020年の年間ベスト・ホラー・ムービー10選(Rolling Stone Japan)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:Rolling Stone Japan

幽霊物語、暴力シーン満載のコメディ・スプラッター、先住民のゾンビ、透明人間など、2020年屈指の悪夢の世界を紹介。

写真ギャラリー:ポルノではなく芸術、世界の官能映画30選

2020年は、必ずしもホラー映画がなくてはならない年ではなかったかもしれない。直近の出口の見えないパンデミックから大統領選という悪夢にいたるまで、私たちの実生活は、恐怖に事欠かなかった。2020年のトランプ政権下のアメリカの1日より恐ろしいものなんてあるのだろうか? 私たちの多くが必要としていたのはカタルシス的な何かであり、例えばそれは終末論を説くTwitterの投稿や延々と垂れ流される新型コロナ関連の統計ではなく、私たちの恐怖を投影する空間だ。ここで紹介するホラー映画のお手本のような10本は、どれも自宅に閉じ込められた私たちのドアの外で起きていた出来事と直接的な関係はない。だが、それより重要なのは、どの作品も現実世界を無視していないだけでなく、このランキングの中でももっとも現実逃避的な作品でさえ、ジェンダーや社会階層など世間を賑わせた話題に対する見解を何らかの方法で表明している点だ。幽霊物語、暴力シーン満載のコメディ・スプラッター、先住民のゾンビ、透明人間など、本誌が選ぶ2020年のホラー映画ベスト10を紹介しよう。

10位『ズーム/見えない参加者』

私たちは、これから数年間にわたって2020年の日常の恐怖を再現しようとする無数のホラーまたはその他のジャンルの映画に苦しめられることになりそうだ。2020年の日常の恐怖とは……ウェブ会議ツールZoomを使った会話にほかならない。だが少なくとも、イギリスのロブ・サヴェッジ監督と米ホラー映画配信サービスShudderのパトロンたちは、『ズーム/見えない参加者』によって気弱なビビりを怖がらせるための基準を最高レベルに設定した。劇中では、グループのリーダー的存在のヘイリー(ヘイリー・ビショップ)という若い女の提案で20代の若者たちは霊媒師と連絡を取り、Zoomを使った“オンライン交霊会”を開催しようとする。遊び半分の気楽なムードは、誰かが誰か――あるいは何か――を怒らせたかもしれないと霊媒師が言いはじめたとたん一変する。絶叫が響き渡るのは、ここからだ。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)や同作によって誕生した数多のファウンド・フッテージ(訳注:他者によって制作された既存の映像を作品の全体または一部に使って新たな作品をつくる手法で、映画やTV番組のジャンルのひとつ)系ホラー映画のように、『ズーム/見えない参加者』はローファイ技術とおなじみの演出(スプリットスクリーン、視点の切り替わり、背景のループなど)を見事に屈指した模範的な事例であり、2020年の混乱に救いの手を差し伸べる方法をしっかり心得ている作品だ。(日本公開:2021年1月15日)

9位『ブラッド・ブレイド』

“レッド・クロー”と呼ばれるネイティブアメリカンの居留地では、不可解な出来事が続いていた。そこでは、はらわたを抜かれたシャケが跳ね回り、安楽死させられた犬が吠えつづける。それに、血を吐いている街の酔っ払いは、人間の肉にやたらと飢えているようだ。その半年後、同地で暮らすミクマク族の人々は、生き残りをかけたゾンビとの壮絶な死闘に巻き込まれる。脚本も手がけたジェフ・バーナビー監督は、TVドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズ、葛藤する保安官という主人公(マイケル・グレイアイズが主役にふさわしいシリアスなオーラを放っている)、さらには徹底的に包囲された安全地帯といった数々の要素を過去の作品から拝借して『ブラッド・ブレイド』に取り入れている。生存者が先住民の人々で、おぞましいゾンビのほとんどが白人であるという点も見逃してはならない。同作は、古典的なジャンルにネイティブアメリカンというツイストを効かせた良作であり、殺戮シーン(看護師とチェーンソーの生々しすぎるスプラッターシーンなど)を出し惜しんだり、反植民地主義的かつ生態系を懸念する解説をカットしたりもしていない。「これは我々への罰なんだよ」とカナダの先住民・アボリジニのベテラン俳優、ゲイリー・ファーマーは言う。「神のせいじゃない。地球は人の愚かさに激怒している」。(一部劇場にて公開)

【広告】

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。