下野紘、“声”でドラマ『ボイス』第一弾を振り返り 唐沢寿明、増田貴久らのせりふを熱演(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の唐沢寿明が主演する、10日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)初回放送を前に、声優・下野紘による2019年放送の連ドラ第一弾を朗読劇で振り返る動画が、YouTube日テレドラマ公式チャンネルで4本一挙公開された。

【動画】下野紘が“声”で振り返る前作『ボイス』動画4種

 今作は、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を掲げる緊急指令室“ECU”の活躍を描いたタイムリミットサスペンス。2019年放送の前作に引き続き、唐沢が主人公の敏腕刑事・樋口彰吾、真木よう子が緊急指令室ECUの室長でボイスプロファイラー“声紋分析官”橘ひかり、増田貴久(NEWS)が彰吾とバディを組む“透ちゃん”こと石川透をそれぞれ演じている。

 下野といえ人気アニメば『鬼滅の刃』『進撃の巨人』『弱虫ペダル』などの作品で知られる人気声優。今回はそんな下野の迫真の演技を交えた朗読で前作の魅力を紹介する。まずはドラマの重要人物の紹介動画が1人ずつ計3本。樋口、橘、透のキャラクターを解説しながら、前作の印象的な心に残るせりふを熱演する。

 そして、前作を3分で振り返る動画では、その場面が蘇るような朗読とせりふ回しを披露。下野自身が「ボイス2を見るのが楽しみ!」と話す今回の動画4本で、『ボイス』の世界をひと足早く満喫することができる内容となっている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。