主婦の6割はレトルトカレーをアレンジ 調理ニーズに応えた“具無し”ボンカレーが登場(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

大塚食品は、「ボンカレー」シリーズから自分の好みのカレーにカスタマイズできる新商品『ボンカレークック 甘口』『ボンカレークック 中辛』の2品を23日から全国で発売する。

【写真】「これが“木”だと!?」木製『バーモントカレー』が驚きの仕上がり、親子で楽しめる本物そっくりなおもちゃ

 本商品は、具材と組み合わせて、自分好みのカレーをすぐに作ることができる3袋入りの調理用レトルトカレー。60分間じっくり炒めた国産たまねぎの旨みがとけこんだ濃厚な味わいとなっている。甘口は、バターやさつまいもペーストを使用しマイルドに。そして中辛はオリジナルブレンドのスパイスとビーフのコクが溶け込んだ濃厚なカレーに仕上がっている。

 新しい生活様式の浸透により、自宅で料理をする頻度が増加し、献立にも悩む人が多い中で、より簡便性を重視するニーズや嗜好の多様化、巣ごもり消費の一環としてのストックの増加や非常時の備蓄品としてのニーズに応えるため開発された。

 同社の調べによると、レトルトカレーを食べるとき、「毎回もしくは、2、3回に1回アレンジを加える」と答える主婦は6割いることがわかっており、調理ニーズの高まりも感じられているという。

 ボンカレーブランドサイトでは、アレンジレシピも公開している。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。