井ノ原快彦主演『特捜9』、最終回で新藤復帰もシリーズ最大のピンチ 衝撃の真犯人の正体も明らかに(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

俳優の井ノ原快彦が主演するテレビ朝日系の人気ドラマシリーズ『特捜9 season5』(毎週水曜 後9:00)の最終回拡大SPがきょう22日に放送される。第1話から登場し、たびたび特捜班を翻弄(ほんろう)してきた連続殺人犯“白い仮面の男”が今回もキーワードとなり、SNSで神格化されている“白い仮面の男”を逆手に取った新たな犯罪も巻き起こる。

【番組カット】最終回で笑顔を浮かべる新藤亮役の山田裕貴

 第1話のラストで登場した“金髪姿の新藤”。ファンの間では「新藤には双子がいた説」まで飛び出していたが、やがて、人知れず潜入捜査を行っていたことが判明。しかしその後、謹慎処分となってしまったが、ついに特捜班に戻って来る。

 新藤は、潜入捜査の足掛かりとなった、死んだはずの幼なじみ・三島(矢野聖人)が生きているという事実が発覚すると、再び金髪姿に変身し、さらに危険度を増した潜入捜査を敢行。やがて、新藤にシリーズ最大のピンチが訪れる。

 また最終話では、ある議員の演説中に発砲事件が起こるが、容疑者の顔には、かつて連続殺人を犯した犯人がかぶったあの仮面が。SNS上では、白い仮面をかぶった殺人犯が神格化されていて、彼に心酔する、世間に不満を持った若者が続出。同時多発的に犯罪が起こることも予想され、特捜班を混乱に陥れる。いったい、“白い仮面の男”の真の目的とはなんなのか、そして、衝撃の真犯人の正体も明かされる。

 やがて、直樹と新藤の先輩・後輩関係にも変化が。新藤の父親にまつわるある真実が破格すると、直樹はそれによって決断を迫られる。やがて、すべてを理解した直樹が、新藤との過去の思い出を回想する。

【第12話あらすじ】
ある議員の街頭演説中に、聴衆の男性が発砲され重体となる事件が発生。たまたま現場に居合わせた小宮山志保(羽田美智子)、高尾由真(深川麻衣)、早瀬川真澄(原沙知絵)はすぐさま捜査を開始する。ほどなくして、浅輪直樹(井ノ原)ら特捜班メンバーも現場に集結。すると聴衆の後ろに、かつての連続殺人犯が被っていた白い仮面の人物がいたことが発覚する。

一方で、青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)が現場付近の防犯カメラを解析すると、フードデリバリーサービスの若い男が、バッグから新聞紙でくるんだ拳銃のようなものを取り出している姿を発見。やがて、現場からタクシーで逃走した男、フードデリバリー配達員、電子決済で白い仮面を購入した人物の3人が特定される。

時を同じくして、警察庁警備局公安課の折口(風見しんご)に呼び出された新藤亮(山田裕貴)は、発砲事件発生直後の映像に、死んだはずの三島(矢野聖人)が映っていることを確認する。新藤は、事の真相を握っているであろう、ある半グレグループに近づくべく、再び潜入捜査を開始する。

そして、直樹、国木田班長(中村梅雀)ら特捜班は、発砲事件の容疑者3人を取り調べることに。すると、SNS上では、白い仮面を被った殺人犯が神格化されており、彼に共感を示す者たちが多数いることがわかって…。

コメントは受け付けていません。