仏映画サイトが推薦 今見たい、文学を原作とする映画(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

映画情報サイトallocineが、様々な価値観が転換しつつある現代において見るべき、古典文学原作の映画作品を推薦している。各作品の見どころを映画.comの作品情報と併せて紹介する。

■「華麗なるギャツビー」(2013)

「5つ星キャスト、カンヌ国際映画祭オープニングにぴったりの作品。バズ・ラーマン監督による新しい翻案は、音楽とデジタル効果で素晴らしいショーを繰り広げる。現代的なアプローチで、幅広い観客、特に若い世代の観客にリーチし、古典作品の映像化にありがちな埃っぽさを避けることができた」

1974年にロバート・レッドフォード主演で映画化もされた、米作家F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」を、「ロミオ+ジュリエット」のバズ・ラーマン監督&レオナルド・ディカプリオ主演コンビで再映画化。1920年代の米ニューヨーク、ロングアイランド。宮殿のような豪邸に暮らし、素性も仕事も謎めいた大富豪のジェイ・ギャツビーは、毎夜のように豪華絢爛なパーティを開いていた。そんなある日、ギャツビーは、隣人の青年ニックに自らの生い立ちを語り始めるが、あまりにできすぎた物語に、ニックはギャツビーが何か隠し事をしていると直感する。やがてギャツビーは上流階級の令嬢デイジーに心ひかれていく。

■「フランケンシュタイン(1994)」

「この作品の特殊効果のいくつかは今日では少し時代遅れに見えるかもしれないが、それがある種の魅力を与えている。時の試練に耐え、今もなおスリルを味わえる素晴らしい作品。ロバート・デ・ニーロが扮するクリーチャーから、偉大な物語の中の偉大な俳優の存在を再び知ることができる」

1816年に発表された恐怖小説の古典を、豪華なスタッフとキャストで、原作のスケール感と雰囲気を忠実に再現、映画化したホラー・ロマン大作。製作は「ドラキュラ(1992)」に続いてモンスター映画の再生に挑んだフランシス・フォード・コッポラと、同作のジェームズ・V・ハート、ジョン・ベイチ。英国演劇界の鬼才ケネス・ブラナーが監督・共同製作・主演の3役をこなした。

■「プライドと偏見」(2005)

「小劇場をはじめ何度も脚色されているが、この映画はあなたを吹き飛ばすようなロマンスに満ち溢れている。この映画の翻案はまた、キーラ・ナイトレイを中心とした非常に素晴らしいキャストによって、社会における女性の立場と社会的起源の問題についての壮大なフレスコ画であると言える」

ジョー・ライト監督のデビュー作。ジェーン・オースティンの同名小説を「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキーラ・ナイトレイ主演で映画化。18世紀末のイギリスの田舎町。5人の姉妹が母親と暮らすベネット家の近所に、資産家ヒングリーが引っ越してくる。次女エリザベスはヒングリーの親友ダーシーに出会い、その高慢な態度に反感を抱く。

■「華氏451(1966)」

 「読書が厳しく禁じられ、それは人々が幸せになることを妨げるとされるとある国。消防団の使命は、本を持っている人を追い詰めて焼き払うことだけ……。検閲の危険性と全体主義の世界における思想統制についての映画」

ヌーベルバーグの巨匠フランソワ・トリュフォーが1966年に製作したSF作品で、トリュフォーにとって初の英語作品。レイ・ブラッドベリの原作小説を映画化し、読書が禁じられた近未来の超管理社会を舞台に、焚書係の男と本を所持していた女の心の交流を描く。後に映画監督となり「美しき冒険旅行」「赤い影」などを手がける名手ニコラス・ローグが撮影を担当。

【広告】

Doresuwe



コメントは受け付けていません。