仲村トオル主演『愛のまなざしを』特報解禁 杉野希妃・斎藤工のコメント紹介(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

俳優の仲村トオルが主演する、万田邦敏監督の新作映画『愛のまなざしを』(11月12日公開)の特報&場面写真、ヒロイン・綾子役の杉野希妃と、仲村トオルの義弟役の斎藤工からコメントが届いている。

【動画】映画『愛のまなざしを』特報

 本作は、第54回カンヌ国際映画祭の批評家週間に出品され、レイル・ドール賞とエキュメニック賞をダブル受賞した『UN LOVED』(2002年)。小池栄子と豊川悦司が主演を務め、第23回高崎映画祭で最優秀作品賞に輝いた『接吻(せっぷん)』(08年)に続く“愛の三部作最終章”。「愛」の本質を見つめ、人間の性とエゴをあぶりだした愛憎サスペンス。

 亡くなった妻に囚われ、夜ごと精神安定剤を服用する精神科医・貴志(仲村)のもとに現れたのは、モラハラの恋人に連れられ患者としてやってきた綾子(杉野)。恋人との関係に疲弊し、肉親の愛に飢えていた彼女は、貴志の寄り添った診察に救われたことで、彼に愛を求め始める。一方、妻(中村ゆり)の死に罪悪感をいだき、心を閉ざしてきた貴志は、綾子の救済者となることで、自らも救われ、その愛に溺れていく…。

 しかし、二人のはぐくむ愛は執着と嫉妬にまみれはじめ、貴志の息子・祐樹(藤原大祐)や義父母との関係、そしてクリニックの診察にまで影響が及んでいく。そんな頃、義弟・内山茂(斎藤)から綾子の過去について知らされ、さらに妻の秘密までも知ることとなり、貴志は激しく動揺するのだった。

■杉野希妃(水野綾子 役)のコメント

 『愛のまなざしを』は、実体のないものに囚われ、愛を渇望する人たちの話です。不器用な生き方しかできない綾子という人物を演じながら、彼女を激しく嫌悪し、同情し、共感しました。万田監督のきめ細やかな演出に従うにつれ、綾子は飢えた獣なのだと実感し、理性を剥ぎとるよう努めました。彼女の弱さと強さは私自身のものでもあり、そのことがまるで鏡のように反射して撮影を終えてもなお自分を苦しめました。愚かな女だと言ってしまうのは簡単だけれど、愚かさこそが人間の本質かもしれません。コロナ禍の今、彼女の切実さをやっと愛せるような気がしています。愛のまなざしをぜひ劇場で感じてください。

■斎藤工(内山茂 役)のコメント

 万田邦敏監督の唯一無二の映画文法の元生まれた愛の三部作。最終章である本作のに寄り添えた事は私の大いなる財産です。曖昧(あいまい)で不確で奇妙な人間と言う生き物の生む愛憎と言う普遍的な物語。そこに映し出されるは他人事なのか。はたまた我が事なのか。(感染対策を万全にした上で)劇場で出逢って浸っていただけたら幸いです。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。