住吉美紀アナ、新型コロナの恐怖を告白「体か精神かどちらかが壊れてしまうかも」(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:住吉美紀アナ

新型コロナウイルスに感染し、都内の病院に入院しているフリーアナウンサーの住吉美紀が1日、Instagramを更新した。

【映像】住吉美紀アナ、新型コロナの恐怖を告白

 先月19日の入院以来初めてとなる更新で、住吉アナは「みなさま、大変ご心配をおかけしております。温かいメッセージなども多数いただき、本当にありがとうございます。考えたり、文章を書いたりする力が漸く少し戻ってきました。まだ入院していますが、平熱や微熱まで熱が下がってきました」と現在の体調をつづった。

 続けて、「そもそもは4月15日水曜朝、コンコンという小さな空咳がちょこっと出始めた、というのが始まりでした」「翌日、少し熱っぽさを感じて熱を測ると、37.2度ありました。違うと信じたい気持ちでいっぱいでした」「そして、金曜朝。38.2度まで上がっていました。あーこれは間違いないなと、自分で確信」「そこから一気に熱は上がり、その日のうちに39度。その後39~40度が1週間続きました。体か精神かどちらかが壊れてしまうかもと思った夜もありました。さらに途中からは強い胃のムカつきがあり、吐き気と格闘しながら食事をとったり、頭痛にも耐えたり。こんなに激しく、そして長くウィルスと戦ったのは、生まれて初めてです」と、発症前の症状や、体温が徐々に上がり高熱が1週間続くなど、体調の変化を詳細に明かしている。

 最後は医療関係者への感謝の言葉とともに、「このウィルスはスルっと入り込んできます。私自身、神経質なくらい気をつけていましたが、それでも、職場など最低限と思われる接触でも感染してしまうこともあるんだということを実感しています。そして一度感染、発症すると長いです」「私はまだもう少し戦わねば、体力も落ちて、今まともな声も出ません。しかし、自分の体もほんとにがんばってくれた」と新型コロナウイルス感染の恐ろしさを伝えている。
(ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。