体験版の配信を前向きに検討していることやPS4版とPS5版の違いなど『テイルズ オブ アライズ』の公式生放送でさまざまな情報が公開!(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

シリーズ最新作『テイルズ オブ アライズ』の公式生配信が行われ、ユーザーからの質問に回答する形で体験版やゲーム内情報について公開された。本稿では放送の中からトピックをピックアップして紹介する。

「テイルズ オブ アライズ」画像・動画ギャラリー

まず最も気になるのは体験版に関する情報だろうか。メディア向けにデモ版を提供していたので、このデモ版をベースに一般ユーザーへ向けて配信できないかを現在検討しているそうだ。そのほか、気になる情報は以下のとおりだ。

体験版の配信を前向きに検討中
PS5版の特徴(PS4版との違い)

PS5版は圧倒的にロード時間が短く読み込み時間をほぼ感じないほどの速さを実現
4K解像度を優先するモードと、60フレームを優先するモードに対応
ハプティックフィードバックへ対応し、魔法による振動は炎と氷で違うなど繊細な振動に対応

ゲームボリュームは『テイルズ オブ ベルセリア』と同等を予定
従来の作品と同様にメインシナリオのイベントシーンやフィールドチャットなどはフルボイス
全部ではないがユニーク武器など、特徴的な武器を装備すると見た目も変化する
戦闘終了後の会話は、ボイスとテキストによるショートチャットにすることでバリエーションを豊かに
戦闘のグレード評価はスコア評価になり、ハイスコアほどスキルポイントが多く獲得できる

ハイスコアを繰り返していくと、レアなアイテムやレアな敵が出現しやすくなる
クリア後のグレードショップは別の形に

ビジュアルのテイストの変化や、スキット(パーティーメンバーのチャットシステム)の変化など、ベースは「テイルズ オブ」シリーズで間違いないが、システム的にも大きく変化している。

こうしたコミュニケーションイベントは、新たな要素の「野営」でも発生する。野営スポットではコミュニケーションや回復が可能で、シリーズでお馴染みの「マーボーカレー」などの料理も登場する。また各地では釣りも可能で、魚との駆け引きも楽しめるなかなか本格的なミニゲームとなるようだ。

こうした新要素を確認するためにも、発売までに体験版が配信されることに期待しよう。
『テイルズ オブ アライズ』は2021年9月10日に発売予定。プラットフォームはPS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X/PC(Steam)。価格は通常版が7980円(税別)で、プラットフォーム毎に複数のエディションが用意されているので、詳細は公式サイトをチェックしてほしい。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。