優しすぎる最強マーベルヒーロー誕生!「シャン・チー テン・リングスの伝説」予告公開(映画.com)

出典元:映画.com

マーベル・スタジオによる注目の新作「シャン・チー テン・リングスの伝説」の予告編映像(https://youtu.be/X-0OtNj5Z4Y)が公開された。

 同作は、アベンジャーズの系譜を受け継ぐ新たなヒーロー、シャン・チーを描く物語。タイトルにもある“テン・リングス”は、「アイアンマン」シリーズや、「アントマン」(2015)に登場した犯罪組織。「シャン・チー テン・リングスの伝説」では、これまで深く描かれなかったテン・リングスの謎が明かされる。主人公のシャン・チー役に中国系カナダ俳優のシム・リウが抜てきされたほか、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨーの出演も決定している。「黒い司法 0%からの奇跡」のデスティン・ダニエル・クレットン監督がメガホンをとった。

 かつて父が率いる犯罪組織で、子どもの頃から苦しい修行の毎日を送っていたシャン・チー。最強の存在として鍛えられ、組織の後継者になることを期待されていたが、優しすぎる性格ゆえに自ら戦うことを禁じ、その運命から逃げ出していた。そんな過去の自分を捨て、米サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らしていくはずだったシャン・チー。しかし悪に染まった父が伝説の腕輪=テン・リングスを操り世界を脅かすとき、シャン・チーは遂に封印していた力を解き放してしまう。

 本映像内では、自らの宿命に抗おうとするシャン・チーが再び父のもとへと呼び戻される様子が描かれる。過去と決別して平穏に生きることを誓ったシャン・チーと、彼を手塩にかけて育てた父親との一筋縄ではいかない駆け引きは見どころ。さらに、マーシャル・アーツを大胆に取り入れた戦闘シーンは、マーベル・スタジオの新境地ともいえる仕上がりだ。シャン・チーを巻き込む恐ろしい計画の全貌、そして「アイアンマン」(2008)など、これまでのマーベル作品にも登場してきた“テン・リングス”の正体が気になる仕上がりとなっている。

 「シャン・チー テン・リングスの伝説」は9月3日に全国で公開。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。