内田理央“性依存系女子”役への気遣い 過激内容でも「下品だと思われないよう…」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

モデル・女優の内田理央が主演を務める、テレビ東京系ドラマParavi枠『来世ではちゃんとします2』(毎週水曜 深0:40)が、11日にスタートする。シーズン1に引き続き、性に奔放で5人のセフレがいる性依存系女子の主人公・大森桃江を演じる。

【写真】内田理央が…衝撃の“ジャングルジム緊縛”姿を公開

 原作は、いつまちゃん氏が集英社「グランドジャンプ」連載中の同名漫画。性をこじらせ、生き方をこじらせ、それでも毎日をしぶとく生きていく。性依存、BLオタク、メンヘラ培養沼、処女厨、風俗ガチ恋…と、性をこじらせた イマドキ男女の性生活を全肯定する赤裸々ラブエロコメディー。

 シーズン1が放送されるやいなや、衝撃的な内容で話題を呼んだ。内田も「“来世ちゃん現象”と呼ばれるくらい大きな反響があったらしく、うれしい情報がいっぱい入ってきました」とホクホク顔を浮かべながら「自分が思っている以上に見てくれる方がたくさんいるんだなと、改めて実感しましたね」と喜びを噛み締めた。

 物語の主人公は、スタジオデルタの社員・大森桃江。性に奔放で5人のセフレがいる性依存系女子。「セックスは 金 のかからない趣味」と割り切っている反面、本命の男性の彼女には決してなれないという事実にどうしようもない切なさと虚しさを感じている。そんな自分の人生を「まーいっか。来世ではちゃんとしますということで」と、どこかクールに見つめている、承認欲求と好奇心と寂しさの狭間を生きるアラサー女性。

 自身が演じる桃江について「とても優しくて、見ている人が嫌な思いがしない、すごくすてきで愛されるキャラクター」と紹介しながら「内容に過激な部分も含まれているので、女の子が見ても下品だと思われないように心掛けています。監督さんやプロデューサーさんとも話し合って、それは全編を通して気をつけていますね」と明かした。

 桃江とセフレAくんの一風変わったSMプレイも本作の見どころの一つ。シーズン1では縛られながらオムライスを食べる「オムライス緊縛」が話題となったが、シーズン2の第1話では「ジャングルジム緊縛」なるシーンが登場。縛られながらもどこかうれしそうな主人公・桃江と、そんな桃江に今回も大興奮してしまうAくんに注目だ。

 もうすぐスタートの新シーズンについて「前作よりも切なさ、ラブの要素が強めになっている。セフレの誰かと深い関係になってしまったり、松田とAくんとの三角関係もバチバチになる」とアピールした内田は、視聴者に向けて「性のことって普段は人に言えないと思うけれど、このドラマは人それぞれの違いを認めつつ、『そんなに自分を変える必要はないんじゃない』って背中を押してくれるような物語だと思います。『こんな人たちもいるし、まぁいっか!』って前向きになってもらえたらうれしいです」と呼びかけていた。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。