北川景子を悩ませた“美しき銀幕女優役” 神々しさのお手本になったのは?(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

松竹映画100周年を記念した山田洋次監督最新作「キネマの神様」が、8月6日から公開される。主人公らと共に映画の黄金時代を生きた銀幕女優を演じた北川景子は、当時ならではの女優の神々しさをどのように表現すればいいか、現代との環境の違いにぶつかったことを明かしている。

【画像】ヘアメイクにも注目 銀幕女優を演じた北川景子

 本作は、かつて撮影所で働き何よりも映画を愛していたが、家族には見放されたダメ親父のゴウを主人公に、時代を超えて繰り広げられる愛と友情、家族の物語。ゴウの若き日を菅田将暉、現代を沢田研二が演じている。

 ゴウ(菅田)とともに映画の黄金時代を生きた銀幕スター・桂園子を演じた北川は「当時のスターは今とは比べ物にならない、手の届かない、本当にこんな人いるのかな?という感じの方だと思うんです。その雰囲気というのを、SNSに舞台裏の写真が載っていたりする現代の自分が演じて、園子さんの神々しさやスター感、華やかさであったり、存在感というのをどうやって表現すればいいんだろうというのがすごく難しかったです」と、役柄へのプレッシャーを語る。

 撮影では、原節子をはじめとした大女優が映画のなかで魅せた華やかな立ち振る舞いを役に落とし込み、小津安二郎監督の「東京物語」をオマージュしたシーンでは、同作でヒロインを演じた原の所作を取り入れている。

 「東京物語」をはじめ、何度も当時の作品を見返して役作りしただけでなく、ヘアメイクや衣裳も大きな助けになっているそう。何より一番大きかったのは山田監督の言葉で、「一個一個の動作やお芝居を丁寧に大切にしてください」というもの。ペンのキャップを閉じて置いてからセリフを話し始めたり、相手の目を見て話し終えてから立ち上がったりと具体的なもので、当時の女優が芝居で行っていた一つ一つの動作を役の中にも再現し、銀幕女優・園子を完成させた。

 「キネマの神様」は8月6日から全国公開。

コメントは受け付けていません。