原作者の思い出の場所でも撮影 「イン・ザ・ハイツ」インタビュー&メイキング映像(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

トニー賞、グラミー賞で受賞を重ねた傑作ミュージカルを映画化した「イン・ザ・ハイツ」(公開中)の特別映像が披露された。主演のアンソニー・ラモス、原作者であるリン=マニュエル・ミランダ、ジョン・M・チュウ監督らのインタビューやメイキング映像などが収録されており、本作の舞台となる実在の街ワシントン・ハイツに焦点を当てている。

【動画】原作者&監督らが語る「イン・ザ・ハイツ」特別映像

 米ニューヨークの片隅にある、祖国を遠く離れた住民たちで賑わう街ワシントン・ハイツを舞台に、若者たちの夢、逆境に立ち向かう人々の絆を描き出す。日本では7月30日から公開を迎え、SNSでは「歌と踊りでノリノリになりながら、同時に号泣した体験って初めてだったな」などの感想が寄せられているほか、本作のイベントに登壇した俳優の城田優も「最高の一言に尽きます。ここ最近見た映画の中ではスバ抜けてダントツに好きでした」と絶賛している。

 特別映像では、ワシントン・ハイツで育ったミランダが、劇中のシーンを身近な場所で撮影したことを明かしていく。楽曲「When You're Home」がかかるシーンの公園は「妻の祖母が育った所の目の前」だと明かし、観光スポットでもあるジョージ・ワシントン橋は妻と初デートした場所だと告白。

 製作陣が地元の憩いの場で撮影することが重要と考えたことから、徐々に地元の人々とエキストラの境がなくなっていったそうで、チュウ監督とミランダは「みんな地元の人に見えてきた。どちらだか分からなかった」と振り返る。メイキングでは、息の合った路上での群舞や、劇中で印象的なロマンティックシーンの裏側も収めている。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。