友達でも家族でもない。でも孤独ではない――松山ケンイチ×ムロツヨシ「川っぺりムコリッタ」11月3日公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

松山ケンイチとムロツヨシが共演する荻上直子監督作「川っぺりムコリッタ」の公開日が11月3日に決定し、あわせてティザービジュアルが披露された。物語の舞台となる築50年の安アパート「ハイツムコリッタ」で暮らす、「友達でも家族でもない」住人4人が写し出されている。

【フォトギャラリー】松山ケンイチの出演作品をチェック

 「かもめ食堂」「彼らが本気で編むときは、」で知られる荻上監督が脚本を執筆した、完全オリジナルストーリー。荻上ワールドおなじみの“おいしい食”とともにある、ささやかな幸せの瞬間に包まれる物語を紡ぐ。松山とムロに加え、満島ひかり、吉岡秀隆、江口のりこ、柄本佑、田中美佐子、緒形直人らが顔をそろえた。ちなみにタイトルにある「ムコリッタ」(牟呼栗多)とは、仏教の時間の単位のひとつで、1/30日、つまり48分を意味しているという。

 北陸の小さな町にやってきた孤独な青年・山田(松山)は、小さな塩辛工場の働き口を見つけ、社長から紹介された「ハイツムコリッタ」で暮らし始める。無一文に近い状態だった山田のささやかな楽しみは、風呂上がりのよく冷えた牛乳。そして、お米が買える給料日を心から待ち望んでいた。できるだけ人と関わらず、ひっそり生きたいと思っていた山田だったが、隣に住む島田幸三(ムロ)、夫を亡くした大家の南(満島)、墓石販売員の溝口(吉岡)らアパートの住人たちと過ごす楽しい時間に、安らぎを見出すようになる。しかしある日、山田のある秘密が住人たちに知られてしまう。

 ティザービジュアルには、メインキャストの松山、ムロ、満島、吉岡が、ロケ地となった富山の広い野原に佇むさまを活写。空には雲が広がり、何やら謎の生物も漂っている。「友達でも家族でもない。でも、孤独ではない」というキャッチコピーが、優しくあたたかな印象を与え、4人の日常が気になる仕上がりとなった。

 「川っぺりムコリッタ」は、11月3日から全国公開。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。